ひまわりとうさぎ大好き

cyaa8989.exblog.jp

兎を通して心の癒しになれば

ぴー君我が家での初病院(2004年10月 回想)


診断
原因は柔らかい餌により奥歯の咬み合せ部分が磨耗せず、歯が伸びすぎて表面がぎざぎざになり餌を食べる度ほっぺにあたり痛い上、いい状態で咬み合わなくよだれとなり喉が濡れ、かゆい故の行為
治療
麻酔をかけて歯のぎざぎざ部分をけずる。歯の伸びの進行は一概に決められないので1ヶ月ごと様子を伺うとの診断結果4000円也
あ~~毎月のパソコン授業料代分が飛んでゆく~
高い兎を預かったものだ。
a0045932_8113843.jpg

            パソコンの前に座るとお気に入りの場所でおねんね

a0045932_18592058.jpga0045932_18594557.jpg

早速 息子に事情を告げると東京での獣医の診断も同じ、その上兎などの小動物は麻酔をかけることにより危険を伴う可能性あり、自分達は根気よく硬い餌やりの方を選択していたと初めてその理由を聞く。
そうだったのかー それなりの理由があったのだと改めて納得すると同時に
よく麻酔から覚めてくれたと後から冷や汗ものだ。

10年選手の自負などもろくも崩れ去り獣医の凄腕の前では私の知識など何の役にも立たなかったようだ。
[PR]
by cyaa8989 | 2006-06-17 08:30

兎を通して心の癒しになれば


by cyaa8989