ひまわりとうさぎ大好き

cyaa8989.exblog.jp

兎を通して心の癒しになれば

楽しみ(2004年?月 回想)

二年間ほどの東京暮らしの中でぴーに会いに行けたのは、a0045932_715378.jpg 
東京出張した夫と、ディズニーランドへ遊びに行った娘
私はひたすら倉敷で息子達の帰省をひとつの楽しみとする。

そしてたまにかかってくる電話で近況を知るのみ。

「ねぇ!お母さんぴー君はよく分かっている。
女性の声は警戒しないのに、男性の声だと出て行こうとしない。
ようじは別、音からでも早く聞き分けてドアまで出迎える」

今までの経験から、犬・猫のように、そういった習性はないように思っている。
疑いつつも嬉しくも可笑しく聞いている私である。

帰省の暑い盆休み、寒い正月休みを利用して
何度新幹線に乗せてもらったのか記憶は定かでないが、
ますます田舎うさぎとの差は大きくなるものの
東京に送り出した時と全てにおいて変わりなく、
一瞬時間が逆戻りしたかのような錯覚に陥る。
プリン目指して走る後姿は相変わらず笑いを誘う。
a0045932_720988.jpg
<住めば都>慣れてきた生活も又大きく変わる事となる。
東京暮らしがどうだったのか私では、おしはかれない。
聞けるものなら聞いてみたいものだ。
「ねぇ!ぴー君正直なとこ都会の兎はどうだった」
お願い聴かせて!もし貴方が兎ならどんな返事をくれますか?
[PR]
by cyaa8989 | 2006-06-07 07:32

兎を通して心の癒しになれば


by cyaa8989