ひまわりとうさぎ大好き

cyaa8989.exblog.jp

兎を通して心の癒しになれば

a0045932_2027251.jpg

                      雨の中
a0045932_11413920.jpg

3月1日から1泊で続きのお遍路に出かけてきました。
a0045932_1142263.jpg

a0045932_18524091.jpg

お遍路に向かう車中で 「しまった(^_^;)」と・・・・・
a0045932_15322559.jpg

ここ数年、3月3日お節句は散らし寿司を作って
母と迎える「昔女の子」会をする日に決めてありました。
a0045932_11431118.jpg

今年の3日は歯科の予約日と重なっているのに気付いたのです。
a0045932_11432091.jpg

1日遅れで祝ってきました。
集えない娘はお昼のお弁当で女の子会
a0045932_2219329.jpg

[PR]
# by cyaa8989 | 2014-03-05 13:20 | 母のこと

2月22日 雪の大山

a0045932_22154856.jpg

2月9日 
玉造温泉に行って13日が経ちました。
a0045932_2326976.jpg

瀬戸内海側を襲った積雪で高速道のトラブルを予測して
早目に我が家を出たのでした。
a0045932_2216596.jpg

トラブルも無くスムーズに走れたのですが・・・・・
a0045932_23272397.jpg

手打ちそば「叉木」を通り過ぎる頃
残念にも、開店時間にも、昼食時間にも程遠く、食べ損ねていたのです。
a0045932_22161281.jpg

今日はその時のリベンジを兼ねて蒜山ICを下りました。
a0045932_2216218.jpg

草木染の暖簾が出ています。
a0045932_22162974.jpg

11時開店 11時10分に着くと駐車場には数台の車
a0045932_22165589.jpg

小さな店内は既に満席
お腹を満たすと次なる目的を考えます。
a0045932_22172428.jpg

今日はどの位置からでも雲やガスに蔽われることも無く
大山をくっきりと望むことが出来ます。
「そうだ!御机に行こう」
a0045932_2217334.jpg

太陽の日差しは雪の上に影をつくります。
a0045932_2310224.jpg

雪に埋もれた山村を美しいと
ため息混じりに眺めながら
a0045932_10523326.jpg

面白い形の山が見えてきました。
a0045932_2217408.jpg

あの茅葺小屋のある田園風景の『御机』
a0045932_19412572.jpg

a0045932_19364654.jpg

田植え後に見せてくれる緑
黄金の実りの秋
冬の銀世界といろんな表情を見せてくれます。
a0045932_1951197.jpg

後方には荒々しい大山南壁
a0045932_2217477.jpg

a0045932_2218101.jpg

溝口展望台より望む大山
別名 伯耆富士
a0045932_23333443.jpg

桝水高原スキー場
a0045932_23303113.jpg

a0045932_20155774.jpg

a0045932_23184210.jpg

a0045932_22261261.jpg

『大山まきばみるくの里』
a0045932_21333010.jpg

a0045932_22183858.jpg

冬の大山は全景を見られる時間は意外と短いのです。
a0045932_22184676.jpg

その雄姿をどこまで見せてくれるか
急いでスポットめぐりをしました。
a0045932_222707.jpg

『蒜山ワイナリー』
a0045932_22271213.jpg

手形
a0045932_22272363.jpg

蒜山休暇村から雪の蒜山三座を望みながら
浸かる天然ラドン温泉
a0045932_22273216.jpg

[PR]
# by cyaa8989 | 2014-03-03 11:04 | ドライブ

2月15日 八栗寺


「2013年11月16日85番札所・八栗寺」 

a0045932_18453646.jpg

八栗寺へはケーブルカーで4分ほど
往復¥900
待合所で回る風車
a0045932_18454646.jpg

ケーブルカーでお参りもいいけれど
今回は遍路道をゆっくり歩いてみたかったのです。
時間ばかり気にする方が前を行きます。
a0045932_18455746.jpg

「そんなに急いで何処へ行くのでしょうか?」
逆打ち始まったばかりだと言うのに、どうも歩調が合いません。
a0045932_18385327.jpg

歩調が合わないと、気持ちも乱れてきます。
a0045932_18495082.jpg

ほら、見てごらん。
お地蔵さんは静かに只々無心
a0045932_18495938.jpg

汗流し上り切るころ仰ぎ見ると『お迎え大師』が迎えてくれるのですが
ケーブルカーに乗ると下って行く楽ちん遍路になるのです。
a0045932_18461336.jpg

眼下には讃岐平野の大パノラマ
a0045932_18462225.jpg
a0045932_18462971.jpg
a0045932_18463771.jpg

屋島も目の前
a0045932_18464444.jpg

五剣山の上には祠が祀ってあるのが見えます。
a0045932_18465389.jpg
目を足元に向けると穏やかな表情の石仏
a0045932_1847220.jpg
[PR]
# by cyaa8989 | 2014-02-28 21:47 | 四国遍路
 「2013年11月16日志度寺・長尾寺」  
a0045932_1947042.jpg

87番札所 長尾寺
a0045932_19474114.jpg

記憶に新しい
3か月後に立つ長尾寺
a0045932_19475576.jpg

首にカメラをぶら下げていると
カップルから「シャッターを押してくれませんか」と頼まれるまま幾度となく
睦まじい姿をファインダー越しに見てきました。
a0045932_1948343.jpg

かと言って
夫婦旅も互いの記念写真は撮ったことはありません。
ご厚意で「ご一緒の所を撮りましょうか」と声を掛けてくれるのですが
お断りをしてきました。
a0045932_2012550.jpg

87番札所 志度寺
a0045932_20125860.jpg

逆打ちからは其々の山門前で互いの記念写真を撮る事にしました。
中途半端な画像から始まりますが
リンクと合わせて見て下されば嬉しいです。
a0045932_20133970.jpg

a0045932_20534545.jpg

a0045932_20144649.jpg

a0045932_2015316.jpg

志度寺の側は潮の香りが届く志度湾
これから向かう屋島(左)と五剣山(右)の姿を望めます。
a0045932_13315593.jpg

[PR]
# by cyaa8989 | 2014-02-27 16:30 | 四国遍路
a0045932_17313067.jpg

瀬戸中央自動車道の本州側最後の鷲羽山トンネル
a0045932_17314977.jpg

めがねトンネルから見えてくるもの
そこは瀬戸大橋、
a0045932_17315794.jpg

14日は大雪警報の中、四国の高速道は全て通行止め
15日全線開通
a0045932_1732321.jpg

2011年から
暑い夏、寒い冬を避けて
桜咲く4月、紫陽花濡れる6月、紅葉の秋
季節を選びながら結願した順打ちでした。
2013年11月・結願所・大窪寺で見た写真『雪の大窪寺』に憧れ
a0045932_17321057.jpg

2014年2月15日
寒い冬のお遍路の始まりは逆打ちで、日程を組んでいました。
a0045932_17321697.jpg

年に数えるほどしか降らない雪ですが
15日偶然の巡りは、『雪の大窪寺』は願ったり叶ったり。
a0045932_17292538.jpg

2014年は霊場開創 1200年
吉祥の年を迎えています。
青い空と海をイメージした御朱印帳を新たに購入します。
a0045932_17331787.jpg

仁王門
a0045932_17332433.jpg

二天門
a0045932_17333189.jpg

早朝の山門を仰ぎ見ると
本殿に続く白い石段に足跡を残すのは勿体ない気持ちに駆られます。
a0045932_1733373.jpg

a0045932_17342135.jpg

雪を被った石仏を見ていると
昔話『傘地蔵』を思い出してきます。
a0045932_17345732.jpg
a0045932_1735552.jpg
a0045932_17352214.jpg

忿怒の相の不動明王像は、やせ我慢のように思えてきます。
a0045932_17362279.jpg
a0045932_17363235.jpg
a0045932_17364330.jpg

 「紅葉の大窪寺」 
a0045932_2025217.jpg

秋、竹垣の辺りは赤く色付いたモミジで燃えるようでした。
雪の上に1枚の葉、何処から来たのでしょうか。
a0045932_17365291.jpg

冬は南天の赤と椿の赤
a0045932_19542740.jpg

a0045932_1862156.jpg
a0045932_184471.jpg

色豊かな新しい旗が綺麗でした。
a0045932_1841866.jpg

[PR]
# by cyaa8989 | 2014-02-25 19:02 | 四国遍路

2月ある日 旬のもので

1泊2日の旅記録を8回に分けてブログ記事にしました。
小出しにしながらもコメントを頂きありがとうございました。
今日はちょっと一息ホッ!
a0045932_11243623.jpg

牡蠣の旬は長い
グレープシードオイル漬けにしました。
1ヶ月保存ができます。
a0045932_21405027.jpg

春告げ魚 下津井産のイカナゴ
今年の初物で、から揚げにしました。
親魚の旬は短い、産卵を終えると海流に乗り
3月初旬には「釘煮」でお馴染みの稚魚が出回ります。
a0045932_11404951.gif

[PR]
# by cyaa8989 | 2014-02-23 12:31
a0045932_20165475.jpg

遅く食べた朝食、お代わりに走ったバイキング
a0045932_2023621.jpg

張り裂けんばかりの胃袋も
さすが午後1時30分にもなると小腹が空いてきます。
a0045932_2017179.jpg

コンビニに入って、おにぎりとお茶で昼食
安上がりでも久しぶりの明太おにぎりは美味しかった!
a0045932_2017963.jpg

米子道に入る前、冬タイヤ規制チェックを受けました。
a0045932_20173319.jpg

降っていた雪はみるみる周りの風景を白色に変え
吹雪き出しました。
a0045932_20182081.jpg

視界の悪い中を走り抜けます。
a0045932_2018273.jpg
a0045932_20183494.jpg

蒜山サービスエリアも雪の中
50K規制表示がでています。
a0045932_20483585.jpg

[PR]
# by cyaa8989 | 2014-02-22 20:53 |

2月10日 美保関

a0045932_15262039.jpg

我が家用に激安の蟹も買ったし
息子が帰ってくる3月後半に合わせて、予約配送も頼んだし
まだ午前中でありながら
時間を持て余した我が家の優秀な添乗員さんは行先に迷っています。
a0045932_15372537.jpg

寒いからもう帰ろうか?
ニャニャ子も待っていることだし・・・・・と言いつつも
a0045932_15262872.jpg

美保関へ行くことにしました。
a0045932_2025534.jpg

美保神社の右側には青畳通りがあります。
a0045932_15274518.jpg

石畳が濡れると、色が変わり青く見えます。
a0045932_20472419.jpg
a0045932_2047432.jpg

マンホールの鯛がピチピチはねています。
a0045932_20561731.jpg
a0045932_20503258.jpg

a0045932_20573672.jpg

干物が並ぶお土産売り場の前を通り
a0045932_1529595.jpg

港に集うカモメに近づいて行くと
カモメは一歩、また1歩と海に続く石段を後ずさり
おっちょこちょいなカモメは足を滑らせズルリ!びっくりしたのか飛び去りました。
a0045932_15302384.jpg

さて、何処かにいいカモいないかと湾内を歩いていると
いた、いた。すぐ目の前で列を成しています。
余りにもフレンドリーで叫び声にも知らんぷり。
a0045932_15303215.jpg

私「お父さん、この船を蹴っ飛ばしてぇー」
a0045932_15304233.jpg

私のもくろみ通り一斉に飛び立ち遠くへと・・・・・
この写真は2人の合作となりました(笑^^
a0045932_1531098.jpg

赤い欄干まで移動してみます。
a0045932_21243612.jpg

屋台では七輪で何を焼くのでしょうか。
a0045932_15311839.jpg

堺水道に架かる『堺水道大橋』を見ながら海岸沿いを走ります。
a0045932_15312963.jpg

昼食時間はすっかり過ぎて13時過ぎ
ホテルの朝食はバイキング形式
遅めに食べた朝食でお腹は空いてきません。
a0045932_15263917.jpg

寄り道は日本海から吹きつけるしぶきを体に受けながら
前かがみで風に逆らって砂浜を走っていますが、なかなか進みません。
a0045932_1532292.jpg

寒くてエネルギー補給をしたくなりました。
a0045932_15324133.jpg

[PR]
# by cyaa8989 | 2014-02-21 12:32 |

2月10日 江島大橋

a0045932_20595921.jpg

松江市から大根島へ向かう中海を通る道路
ナビは青の中を案内
1本道が続きます。
a0045932_210890.jpg

霞の中に現われた『江島大橋』
堤防をよじのぼると強風にあおられる枯れススキが邪魔をして
ピントがとれません。
a0045932_2134174.jpg

重い体でさえ持って行かれそうで。
体の中まで風通しがよすぎて。
根気が続きません。
a0045932_2134856.jpg

良い前景を見捨てて
場所移動します。
a0045932_2102780.jpg

今日の目的場所
もう、お分かりですね。
a0045932_2142583.jpg

松江市と鳥取県境港市を結ぶ橋
a0045932_2144250.jpg

ダイハツ自動車のCM
a0045932_21565.jpg

あの『べた踏み坂』です。
a0045932_2151762.jpg

島根県と鳥取県の県境は橋の上
鳥取県に入りました。
a0045932_2152635.jpg

江島大橋を下から撮ってみます。
a0045932_2153536.jpg

境港市場にやってきました。
a0045932_21546100.jpg

今や蟹シーズン
我が家用はこれだけもあって¥1000激安
a0045932_2145227.jpg

[PR]
# by cyaa8989 | 2014-02-19 21:05 |

2月9日 夕食

a0045932_20485382.jpg

旅の楽しみの半分以上はお宿でのもてなし
部屋であったり
a0045932_20181070.jpg

温泉
a0045932_20204626.jpg

そして手の込んだ料理
a0045932_20183676.jpga0045932_20185052.jpga0045932_2019168.jpg
a0045932_2023554.jpg
a0045932_2024773.jpg
a0045932_20242014.jpg

古伊万里・色絵皿に盛りつけられた島根和牛
ステーキに古伊万里の組み合わせは新鮮なイメージで
さすがと感心しました。
a0045932_20242924.jpg
a0045932_202614.jpg
a0045932_20271812.jpg
a0045932_2058435.jpg

鯛と蜆みそ茶漬け
私達2人は茶漬けが気に入りました。
それ位のなら
玉造温泉『皆美』まで足を運ばなくてもと思うでしょうね(~_~;)
本当に美味しかった。
a0045932_20274062.jpg
JTrim メッセージが入り開きません。
写真加工ができません
(/_;)

[PR]
# by cyaa8989 | 2014-02-18 14:35 |

兎を通して心の癒しになれば


by cyaa8989