ひまわりとうさぎ大好き

cyaa8989.exblog.jp

兎を通して心の癒しになれば

<   2014年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

a0045932_1119710.jpg

1人で先へ先へ行ったからと言って、気分を害していても残りの札所を楽しく巡れません。
a0045932_2242374.jpg

63番札所 吉祥寺へ戻す前に気分を落ち着けます。
a0045932_13272124.jpg

吉祥寺の山門をくぐると
私の気持ちをほぐす様に赤いチューリップが迎えてくれます。
a0045932_2243036.jpg

予讃線が近くを通っています。
時刻表を確認するとそろそろ駅に入るころ
a0045932_2245278.jpg

遮断機が下り、信号機が赤になりました。
a0045932_2252217.jpg

桜満開の駅に伊予西条行きが停まりました。
a0045932_2253249.jpg

見送った後で
a0045932_2254043.jpg

駅周辺の桜を楽しみ
a0045932_2255217.jpg

62番札所・宝寿寺
61番札所・香園寺
a0045932_226165.jpg

前の方が済ませるのを待って
ローソクに火を点けます。
a0045932_2261314.jpg

切株は朽ち苔むしています。
枝垂桜が侘び寂びを創り上げています。
a0045932_2262248.jpg

こちらは一花のソメイヨシノ
a0045932_2263499.jpg

桜の幹もひとつの美
a0045932_2264486.jpg

その前に広がる麦畑にひとひらの桜
a0045932_2265432.jpg

駐車場の観光バスのボディーの色(黄色)を背景に
a0045932_227644.jpg

帰路に向かう風景を楽しんで、いつの間にやら心地よい眠りの中へ
a0045932_2271842.jpg

[PR]
by cyaa8989 | 2014-04-28 14:07 | 四国遍路
a0045932_19471040.jpg

昨年6月順打ちの時に食べた「ふわとろオムライス」がまたまた食べられるとは
嬉しい限りです。
a0045932_19473726.jpg

前方を塞ぐような高い山は石鎚山でしょうか。
60番札所 横峰寺は石鎚山の中腹にあります。
a0045932_19475438.jpg

黒瀬湖に出ました。
大型バスは細い林道なのでマイクロバスに乗り換えます。
a0045932_19483876.jpg

平野施設利用料 普通車1,800円を支払って
片道6kmの山道を上って行きます。
a0045932_19493118.jpg

管理人さん「今朝雪が降ったので気を付けて走ってください」
a0045932_19494147.jpg

崩れ止めの竹囲いも降ったばかりの雪
a0045932_1949481.jpg

駐車場に着きました。
眼下には西条の街や瀬戸内海が見渡せます。
a0045932_19503026.jpg

下車すると気温は一気に体を冷やします。
横峰寺までは坂道を10分ほど歩くのを思い出すと
トイレを済ませておきたい
それに加え車からストックの持ち出しを思いついたのです。
a0045932_1954815.jpg

横峰寺に向かって1人前を歩き始めた夫に
絶景スポットからの撮影もそこそこに済ませ
後を追い
a0045932_1691739.jpg

引き返すのを告げても立ち止まりもせず、振り向きもせず、車のキーさえ手渡してくれません。
a0045932_19541685.jpg

以前から不愉快に感じていた歩調の乱れ
私の堪忍袋はここで切れてしまいました。
a0045932_16274265.jpg

夫からキーを引きちぎるようにして引き返すと
分かれた場所に戻ってみても夫の姿はなく
ず~と先に目をやっても
一団体が歩調を合わせながら歩いて行くのが見えるだけです。
a0045932_1955551.jpg

車での参拝jは高い位置から、横峰寺を眺められるこの位置に出ます。
a0045932_1957739.jpg

星供大師様の後ろはシャクナゲの緑がこんもりと広がっています。
残念ながら開花は5月初旬
a0045932_19573166.jpg

歩き遍路はこの山門をくぐることになります。
この先遍路ころがしの道は困難を極めるようです。
a0045932_19574194.jpg

64番札所・前神寺から合理的な道順で60番札所・横峰寺を参拝
a0045932_19581451.jpg

次は元に戻り63番札所・吉祥寺へ向かいます。
a0045932_19582820.jpg

あっ、そうそう一言告げました。
「歩調を乱すとスムーズに進まなくなり反って遅くなるんだから」
「当分は遍路には付き合わないから」と・・・・ブツブツ
a0045932_2022054.jpg

[PR]
by cyaa8989 | 2014-04-26 16:40 | 四国遍路
a0045932_229935.jpg

家族で行った京都の旅、気持ち許せるお付き合いの食事会
を先に載せてしまったので、すっかり忘れてしまったお遍路の旅。
a0045932_1662176.jpg

無理もありません。
それはもう2週間以上前の事ですから…・・
a0045932_155819.jpg

4月1日高速料金改定後初
4月6日(日曜日)逆打ちお遍路は65番札所 三角寺から
a0045932_1554576.jpg

急に決まった話は
「四国の桜を楽しもう」との一言から始まりました。
a0045932_15541926.jpg

皮肉にも季節外れの寒波到来の日
a0045932_15542695.jpg

上空は不安定で
雨、雪雲、雷、雪と目まぐるしい変化の1日となりました。
a0045932_1641091.jpg

a0045932_15545242.jpg

咲き誇る桜に雨雫
a0045932_22291287.jpg

標高430mの平石山の山桜
a0045932_15551610.jpg

遠く霞む連山と山桜
a0045932_9405015.jpg

「これでこそ 登りかひあり 山桜」と小林一茶は詠んでいます
a0045932_15552348.jpg

64番札所 前神寺へ向かっています。 
a0045932_15554793.jpg

春、日本の道路は何処を走っても桜また桜
a0045932_23224453.jpg

西日本最高峰、石鎚山に近づくにつれ山の表情は変わってきました。
a0045932_15562614.jpg

順打ちの時に偶然見つけた義兄の奉納碑を
目指して前神寺お賽銭も少々大目に
その甲斐あってか?お接待の桜餅と甘酒
a0045932_15563520.jpg

a0045932_15564493.jpg

長く並んだ奉納碑が日陰をつくり
彩りの椿に目を落とします。
a0045932_15565770.jpg

微笑みかける何故か可愛い地蔵さま
a0045932_15584085.jpg

山岳信仰霊地 石鎚山
見事なまでの本堂
a0045932_105419100.jpg

遠く桜色の中に高い鳥居が見えます。
前神寺お参りの後で行くことになった石鎚神社を知るきっかけになった風景です。
a0045932_16048.jpg

お接待を受けた場所に戻ってきました。
坂から菅笠を被った何やら黒い頭が現れると
見る間にそれはバイキンマン
全身は余りにもデカ過ぎ
巻き戻せるものなら、顔が現れた所を写したかったのですが・・・・
a0045932_1601439.jpg

a0045932_1602673.jpg

桜に備前焼の土色が映えて
a0045932_162737.jpg

逆打ちコースで巡っていると知らない場所、違った風景に出合います。
石鎚神社の桜まつりへ
a0045932_1622029.jpg

参道を振り向くと、空を覆う雪雲か雨雲なのか
a0045932_161887.jpg

早足で楼門をくぐったものの
ポツポツ雨があたり出したかと思うと
風が湧き雷が轟きます。
本殿まで行くつもりが引き返し、濡れながら駐車場へとひた走ります。
a0045932_1612052.jpg

びしょ濡れはまぬがれギリギリセーフ
a0045932_9391018.jpg

[PR]
by cyaa8989 | 2014-04-23 10:42 | 四国遍路

4月15日 食事会

a0045932_13191447.jpg

筍の旬真っ只中

こんもり土をもたげたばかりの柔らかで小さな筍や
画像の様にすっかり頭を出してしまった大きな筍を
大小合わせて17本を3軒から届きました。
a0045932_1319238.jpg

ここは真備町箭田 色白で柔らかい筍の産地です。
a0045932_13193273.jpg

近場には中国庭園【まきび公園】があります。
a0045932_1611198.jpg

田園風景の中で鯉のぼりも気持ちよさそうです。
a0045932_13194027.jpg

長閑な佇まいの片隅でひっそりと営業中
大人の隠れ家、リピーターが多いのでしょうか。
a0045932_1319478.jpg

ここは和とイタリアンを組み合わせた創作料理
五まい笹です。
a0045932_13195414.jpg

昔、庄屋さんだけあって調度品の数々
ランチコース 2,600円
a0045932_1320344.jpga0045932_13204817.jpga0045932_13205925.jpga0045932_13211064.jpg
a0045932_13212159.jpg

                  食用ザリガニの味噌汁
a0045932_1322016.jpg

屋外のデッキへ場所を移動するとまた雰囲気が変わってきます。
5月の節句をイメージして
可愛くセッティングされたデザート盆が運ばれてきました。
話の輪は広がっていきます。
a0045932_1326742.jpg

[PR]
by cyaa8989 | 2014-04-19 19:45
a0045932_21595617.jpg

JR岡山駅 新幹線ホーム
a0045932_17384712.jpg

新幹線N700系に乗って1時間
a0045932_220441.jpg

京都駅に着きました。
a0045932_17392676.jpg

京都駅のシンボル京都タワーは青空に映え爽やかに迎えてくれました。 
a0045932_2231147.jpg

今日ばかりはアニメ「サザエさん」の歌に合わせ
笛を吹き家族を先導するサザエさん役は娘
元気な振りをして、素直に着いて行くのは私達でした。
a0045932_22203350.png

[PR]
by cyaa8989 | 2014-04-17 17:40 |
a0045932_22564131.jpg

四条通 高島屋7F 【八起庵】の親子丼を半分も残してしまいました。
いくら.勿体ないと言っても「きなな」のパフェを17時に食べ終わり
1時間も経って無いんですからm(__)m
a0045932_1551539.jpg

日も暮れはじめ、四条通を円山公園の夜桜見物に向かっています。
正面に朱色と緑色が印象的な八坂神社が浮かび上がって見えてきました。。
a0045932_1552312.jpg

八坂神社の境内を円山公園に向け通り抜けます。
a0045932_1552971.jpg

a0045932_1591173.jpg

八坂神社の境内を銘入りの提灯が照らします
a0045932_1554066.jpg

円山公園で目にした光景はソメイヨシノ夜桜見物の人また人
a0045932_20181248.jpg

暗闇の中でライトに照らしだされた祇園の夜桜シダレザクラです。
a0045932_20182630.jpg

吊り紐も反射して夜空に放射線を描いています。
a0045932_1554895.jpg

清水寺のライトアップを観に京の路地を歩いていると
京都で見上げる月のような、白壁にもお月様
a0045932_1555654.jpg

喧騒から離れると、前を行く黒い人影
a0045932_156377.jpg

【八坂の塔】を青い明かりが一筋が照らしだします。
小高い位置に絶景スポットがあると先導してくれる後を着いて行くと
a0045932_1575720.jpg

ワオ~!ワンダフル♪八坂の塔と京都タワー♬
カメラの手持ちもそろそろ限界ぶれてしまいます。
しっかりこの美しさを脳裏に焼き付けて・・・・・
a0045932_1563080.jpg

京都タワーと京都市内
a0045932_1104888.jpg

三年坂にでました。
a0045932_1563971.jpg

清水寺 夜の特別拝観 18:30(開門)~21:30(受付終了)
拝観料 200円
赤い御門の仁王門
a0045932_1564894.jpg

三脚使用は禁止とあります。
勿論、歩き旅には持ってきません。
a0045932_1565731.jpg

a0045932_16111735.jpg

本堂にお参りします。
a0045932_157686.jpg

観音様の御慈悲のひかりとのことです。
a0045932_1571648.jpg

池に映す桜
20時15分仁王門を後にして、脚を引きづりながら京都駅に急ぎます。
a0045932_1572457.jpg

[PR]
by cyaa8989 | 2014-04-17 16:13 |

4月9日 祇園

a0045932_1110264.jpg

祇園で人気スポット
カラコロ・カラコロ、こっぽりの音が聞こえてきそうな石畳
a0045932_11102460.jpg

色打掛の花嫁さんと紋付き袴の花婿さん
外国の方が遠巻きに満面の喜びの表情です。
a0045932_1116914.jpg

東山区新橋花見小路西入ル
憧れの住所です。
a0045932_1114102.jpg

白川の流れは祇園町を潤します。
a0045932_11104135.jpg

a0045932_11111534.jpg

古びた木戸の前には京都ならではのこっぽり
a0045932_11173629.jpg

細い路地に入ると千鳥の提灯
a0045932_11191461.jpg

下を見ると素敵な道しるべ
a0045932_1119216.jpg

歩いて歩いて路地を抜け
a0045932_11192875.jpg

着いたところは舞妓はんも来ると言う
甘味処【きなな】
脚を棒にしながらも並んで長い事まちました。
a0045932_17101447.jpg

一口食べて待った甲斐があるとはこう言うこと。
感動の味は今も忘れられません。
1,100円
a0045932_11194644.jpg

17時外に出ると舞妓さんの撮影中
カメラを向ける観光客に「撮らないでください」
撮影を終えすれ違いざまに1枚
a0045932_17145668.jpg

後姿を1枚
a0045932_11204138.jpg

京の花街 
a0045932_11212741.jpg

タイルを埋め込んだ石畳
a0045932_17164085.jpg

あっちの路地
a0045932_1717051.jpg

こっちの路地
a0045932_2219034.jpg

鴨川も日暮れてきました。
a0045932_17212876.jpg

夕食は親子どんぶり¥1,680
a0045932_17172062.jpg

鴨川沿い四条
a0045932_2224411.jpg

四条通も明かりが行き交います
a0045932_17173284.jpg

a0045932_17174557.jpg

南座
a0045932_17175671.jpg

市川海老蔵特別公演「源氏物語)公演中
a0045932_17181333.jpg

[PR]
by cyaa8989 | 2014-04-15 22:51 |

4月9日 銀閣寺

a0045932_22273929.jpg

哲学の道を人に押されながら訪れたのは
念願の【東山慈照寺】銀閣寺です。
a0045932_2282732.jpg

【銀沙灘】と白砂の砂盛【向月台】
a0045932_22837100.jpg

波紋を表現した銀沙灘、所々で砂が光って見えます。
昼間より満月の夜の方が美しく光って見えるそうです。
a0045932_2214387.jpg

a0045932_22133635.jpg
袈裟型手水鉢=銀閣寺型手水鉢
a0045932_22143736.jpg

a0045932_1133729.jpg

a0045932_22145131.jpg

春の特別拝観1,000円
3人分をひとつの財布から出ると堪らない(^_^;)
a0045932_2215199.jpg

3月に拝観したばかりの娘に拝観禁止を言い渡し
浮いた金額でアイスクリームが食べられると・・・・・ところが
a0045932_22151130.jpg

嫌だ!何度でも見たいと着いてきます。
a0045932_22152035.jpg

娘には何故か甘い私(^_^;)
昼食を奢ってくれたので仕方ないか~(笑^^
a0045932_22154342.jpg
a0045932_2215551.jpg
a0045932_2285957.jpg

東山殿の中には会所(連歌会、茶会、聞香会、花会、七夕行事)を催しをする建物
また書院造の室には美術工芸品を飾っていたとされます。
a0045932_229954.jpg

後に言う東山文化として開花して
華道、茶道、香道をはじめとする芸能の源流として今に伝えられます。
撮影禁止の拝観を終え庭園から高台に向かっています。
a0045932_2292733.jpg

展望所より望む
a0045932_2224544.jpg

a0045932_1135289.jpg
a0045932_11354182.jpg

応仁の乱後
室町幕府足利八代将軍義政公はこの東山に山荘の建設を始めます。
500年前の厳粛な空気に触れられることを娘は「すごいことよ」力説するのですが・・・・
a0045932_11554419.jpg

銀閣寺の白い部分は漆で覆われていた嘗ての名残り
a0045932_22105330.jpg

銀閣寺と裸の幹
物言わぬ歴史を語っているかのようです
a0045932_22122313.jpg

が鳳凰をこの角度で写すとなると
幹から伸びた枝が少々邪魔になるのですm(__)m
a0045932_1134579.jpg

タイムスリップもここまで
人にもまれながら次なるとこへ
a0045932_16102212.jpg

[PR]
by cyaa8989 | 2014-04-14 20:25 |
a0045932_147269.jpg

同志社大学を無事見学できて
今出川御門を出る頃は昼時
a0045932_1046786.jpg

市バスに乗り
手頃で美味しい豆腐料理店へ案内された所は交通量の多い大通りから
路地裏に続くその奥に灯りが入った提灯
風情ある大正時代の町家を生かした【豆水楼】a0045932_10474060.jpg
a0045932_10475225.jpg
案内され席に着くと
「向うに見える大文字山、前は鴨川が流れています」と説明してくれます。
a0045932_10511491.jpg

方向音痴の私は言われるままに娘の後を追い
何処に居るのかも分からなかったのですが
やっと位置が確認できたのです。
a0045932_10483727.jpg

夏には風情ある川床
出てみると目の前は記憶にある鴨川沿いにペア同士の語らう光景
a0045932_10515595.jpg

町家膳 昼のみ 2,268円
豆腐、湯葉刺身、湯豆腐、天婦羅、茶碗蒸し、お茶漬け、デザートと続きます。
a0045932_1052255.jpg

a0045932_10534674.jpg

a0045932_1053599.jpg

春キャベツのアイス
a0045932_10543130.jpg

豆水楼を後にする頃は、少し風が出てきました。
御あつらえ向きに花吹雪が舞ってくれます。
a0045932_1055147.jpg
私の希望で銀閣寺「特別拝観」へ
a0045932_1134136.jpg

正面に大文字山が見えています。
電線は避けようがありません。
地下に埋めてもらいたい。
1日限りの儚いお願いです。
a0045932_1055534.jpg
a0045932_10564069.jpg
桜舞う哲学の道は人また人
a0045932_10565166.jpg

[PR]
by cyaa8989 | 2014-04-13 21:45 |
a0045932_14491228.jpg

整然と手入れされた松並木を気持ちよく歩いています。
a0045932_14492316.jpg

相国寺 春季特別拝観
一般800円 
65歳以上700円
とありますがカメラを提げて歩く旅
腰痛持ちには身軽が鉄則です。
a0045932_14505984.jpg

普段使用のバックから小さなショルダーバックに移した物は財布のみ
65歳を証明する免許証は手元にありません。
a0045932_14495154.jpg

財布の中にあるカード類に65歳以上を示したものは無いかと
くまなく探すと「やったー!ありました」
岡山 後楽園 年間パスポート
a0045932_14495997.jpg

これで100円安
a0045932_14506100.jpg

法堂(重要文化財)  ドーム状に造られた天井画の蟠龍図の下で手を打つと
反響した音は龍が鳴いているように聞こえる『鳴き龍』として有名です。 
a0045932_14501354.jpg

天井の円形の中に描かれた龍を見上げながら
法堂を一周歩いてみると何処から見ても龍の顔が着いてくるように見えるのです。
a0045932_14502038.jpg

この現象を説明してくれるのですが
「他言は控えてください」と面白おかしく冗談を交えながら話してくれます。
簡単に一言で説明すると「だまし絵」だとか。
a0045932_21204365.jpg

相国寺から今出川通りに出ると
美しいレンガ造りの建物が目を惹きます。
a0045932_21205884.jpg

新島襄創立の同志社大学だと教えられると
a0045932_2122384.jpg

全くの予定外ですがキャンパスを見学したくなりました。
a0045932_20552654.jpg
.
許可なしで入れるのだろうかと不安を抱きながら
あれこれ思案の末・・・・・・夫との会話を
「何々?その話」と初耳の娘に教えること
a0045932_20553635.jpg

十数年前、息子の大学受験で入学金245,000納めただけの私達

その、よしみをここで勝手に持ち出し入ってみることにしました。
a0045932_2143719.jpg

2014年度の入学式も終えキャンパス内は
若さが夢がみなぎっているように見えてきます。
a0045932_20573424.jpg

クラーク記念館前で私はV、夫はⅣと指をたて写した画像を
娘はその場で息子に送信したようです。
a0045932_2112415.jpg

返信メールは、何の数字かと。
a0045932_20554754.jpg

↑拝観料65歳で100円安と喜ぶ私だと言うのに・・・・
息子はどこ吹く風とばかりに・・・・・・。
a0045932_20593797.jpg

[PR]
by cyaa8989 | 2014-04-12 21:51 |

兎を通して心の癒しになれば


by cyaa8989