ひまわりとうさぎ大好き

cyaa8989.exblog.jp

兎を通して心の癒しになれば

カテゴリ:トレッキング&登山( 7 )

a0045932_21261894.jpg

風景を車中から撮りながら、里山を走り次の目的地に向かっています。
a0045932_21324436.jpg

老木の割れ目に根を下ろしたツツジに目を奪われ
登山で重くなった足腰に喝を入れ
道路べりに車を着けて車外にでました。
a0045932_21394565.jpg

条件の悪い場所で咲いている花
勿論のこと、老木もどちらも健気に見えてきます。
a0045932_21325517.jpg

静かな里山に川の流れは続いて行きます。
a0045932_2302989.jpg

a0045932_21263689.jpg

湯原温泉と奥津温泉の間に位置する山村
a0045932_21264389.jpg

富村 岡山県で一番高い場所に位置する
名の如く 天空の湯「のとろ温泉」
a0045932_21265448.jpg

山道を上って行くと目の前に雲の間から青空が覗きます。
a0045932_2127788.jpg

標高700mに咲く桜が迎えてくれました。
a0045932_21273945.jpg

今日は日曜日
思いのほか車が停まっています。
a0045932_21312753.jpg
a0045932_2131373.jpg

のとろ原キャンプ場には、家族ずれで自然を楽しむ光景が見られます。
a0045932_2134596.jpg

アルカリ性単純温泉 かけ流し
効能 筋肉痛、関節痛、疲労回復etc
ここからシャットアウト、入浴してきます。 
標高700mの露天から広がる山々は絶景あ~ぁ絶景!
a0045932_21314630.jpg

[PR]
by cyaa8989 | 2013-05-03 12:05 | トレッキング&登山
a0045932_2257038.jpg

まゆみ園地に下りてきました。
きたけ峰登山前にもみじ滝に向かう早朝
遊歩道の山野草を楽しんだのですが
別れを惜しみもう一度楽しみます。
a0045932_22582849.jpg

                白いキクザキイチゲ
a0045932_23181858.jpg

a0045932_22583741.jpg

                ムラサキケマン
a0045932_2258484.jpg

                青いキクザキイチゲ
a0045932_2258579.jpg
a0045932_2259926.jpg
a0045932_22591774.jpg

                 ネコノメソウ
a0045932_22592852.jpg
a0045932_2304193.jpg

カラマツ林を眺めながら中央遊歩道を歩いています。
a0045932_18383719.jpg

a0045932_2333984.jpg

                 ミズバショウ
a0045932_2303831.jpg
a0045932_230553.jpg
a0045932_2305795.jpg

                 コチャルメルソウ
a0045932_2351349.jpg
a0045932_2352447.jpg

                 リュウキンカ
a0045932_232028100.jpg

a0045932_2361767.jpg
a0045932_2363293.jpg

                 ショウジョウバカマ
a0045932_2375125.jpg

a0045932_2311865.jpg

a0045932_2311385.jpg

                 ザゼンソウ
a0045932_23171027.jpg

a0045932_2313287.jpg

a0045932_23173478.jpg

a0045932_2383567.jpg

                 シハイスミレ
a0045932_23123287.jpg
所要時間4時間  12時30分昼食 
エネルギー源になる筈の
ラミーチョコはすっかり忘れていました(>_<)

足元を見るのに一生懸命すぎたのか?
思いのほか楽だったのか?
私にも分かりません。
a0045932_23123061.jpg
[PR]
by cyaa8989 | 2013-05-02 19:39 | トレッキング&登山
a0045932_159277.jpg

やっと、やっと辿り着いたばかりなのに・・・・・
a0045932_21363178.jpg

わたし専属の添乗員さんは、時間を気にしてか休ませてくれません。
こちらの樹木のように頑固です。
a0045932_159834.jpg

記念写真を撮り終えると直ぐ下山です。
a0045932_1591932.jpg

私「残りの人生はする事が一杯で急がねばならない年齢じゃけど、登山は慌てずゆっくり行こう」
a0045932_15291381.jpg

夫「12時下山予定に少し遅れそう」
a0045932_1593189.jpg

私「少々昼食が遅れようがどうてことない」
a0045932_15102547.jpg

血液型AB と O こんな所にも性格が見えてきます。
a0045932_15104338.jpg

ミヤマカタバミ
a0045932_15105092.jpg

ショウジョウバカマ
a0045932_15112499.jpg

私達の逆コースから登ってきました。
すれ違う時の挨拶は山ならでは。
a0045932_1512333.jpg

連山が見渡せる場所に出ました。
a0045932_15121867.jpg

汗ばんだ体に心地よい風はリフレッシュできます。
a0045932_15125635.jpg

きたけ峰は後方になり、あせび台に向かっています。
a0045932_1513289.jpg

振り返ると杉木立が連なる「きたけ峰」は遠ざかる風景に
a0045932_1525440.jpg

下りもアップダウンはありますが
ほぼ一気に急斜面で下りて行く場所が多いです。
a0045932_15151891.jpg

前日降った雨は粘土質にぬかるみを作り
トレッキングシューズを穿いている足でさえとられそうです。
a0045932_15151387.jpg

前に通り過ぎた方の滑り跡が1mほど続いています。
ストックを前方に突き慎重に下ります。
a0045932_1515356.jpg

下りは楽な様で楽でもない
a0045932_1516598.jpg

カラマツ群
a0045932_1516553.jpg

ここまで何度か「あせび台」の矢印標識を通り過ぎてきました。
a0045932_1517797.jpg

名前の由来を考えてみると
あせびの木が多い台地と想像を膨らませてきました。
a0045932_15171860.jpg

あせび台を見渡しても馬酔木は1本のみ
a0045932_10183586.jpg

a0045932_15174980.jpg

北・南展望台に向わず、まゆみ園地にコースをとります。
a0045932_1518037.jpg

[PR]
by cyaa8989 | 2013-05-01 09:14 | トレッキング&登山
a0045932_1011065.jpg

仕舞わず出番待ちのトレッキングシューズとストック出番で~す。
a0045932_1011962.jpg

今回で3度目の森林公園登山は「きたけ峰」
公園最高峰(1108m)県境南端の峰で健脚者向き
a0045932_10592381.jpg

腰痛持ちの私は、健脚者向きだけに自信が持てなくて
後回しになっていました。
a0045932_19481715.jpg

早朝6時30分我が家を出ました。
a0045932_1104916.jpg

岡山自動車道 標高380m高梁サービスエリア辺りは地形的に
山々には霧が発生して幻想的な中を走り抜けます。
a0045932_1114984.jpg

今日はサービスエリアに入って撮ってみました。
a0045932_10113720.jpg

若葉で色が変わりつつある山を眺めながら
1時間30分快適な助手席側です。
a0045932_10115870.jpg

a0045932_20181113.jpg

標高1000m岡山県立森林公園に8時到着           
駐車場は数台のみ、ガラ空きです。              
a0045932_10431793.jpg

外は肌寒いです。                小さな野鳥が見えますか?
a0045932_10443275.jpg

身支度を整え管理センターに向かいます。 トリミングしてみました
a0045932_11194998.jpg

赤く燃える暖炉がほっこり温かく迎えてくれました。トリミングしてみました
a0045932_1012876.jpg

きたけ峰登山にはリュックの中を少しでも軽く
お弁当は詰め込みません。
a0045932_10161785.jpg

疲れた時のエネルギー源は
私の好物ラミーチョコレートが強い味方になってくれます。
a0045932_19504656.jpg

そして口寂しい時には飴玉                左にもみじ滝です
a0045932_10174085.jpg

もちろんお茶は必需品。
a0045932_11101080.jpg

下山予定時刻 12時
管理センターでお弁当を広げることにします。
a0045932_1112198.jpg

木々の間から残雪を眺めながら
もみじ滝に向け歩いていると
ウグイスの鳴き声が澄んだ空気に響き渡ります。
山に分け入る心地よさを身で受け止める一瞬です。
a0045932_10152126.jpg

斜面をひたすら上り、一息つく目の前にツツジ科「イワナシ」
a0045932_10125382.jpg

望遠レンズで寄ってみると
稜線が続く杉木立の遠く先が最高峰「きたけ峰」です。
a0045932_11155848.jpg

ちょっと一息
アップダウンの多い来た道を振り返っています。
a0045932_1013337.jpg

先を歩く夫を追いかけるように
歩きはじめると開けていた稜線は見えなくなります。
a0045932_10193243.jpg

なだらかな平地になると話も弾み
急斜面になるとひたすら地面と睨めっこ
時々背筋を伸ばして大きく息を吸う事の繰り返し。
a0045932_10195733.jpg

ここが踏ん張る所
夫が提案を持ち出します。
家族の中ではワルで怖い
「ニャニャ子の悪口を言いながら進もう」
a0045932_10202323.jpg

可愛いワルを全部出し尽くしたところで
「きたけ峰」 風雨にさらされ、どうにか読み取れる山頂標識を確認しました。
a0045932_10205639.jpg

ニャニャ子に後押しをされたシニア2人\(-o-)/
a0045932_12182047.jpg

ニャニャ子、今頃くしゃみをしている頃と大笑い(*^。^*)
a0045932_10321820.jpg

真上から監視されているような気配にニャニャ子かな?と
・・・・・ではなくエナガでした。
a0045932_11284998.jpg

トリミングしてみました
a0045932_1133371.jpg

きたけ峰は木々に囲まれ
「千軒平」や「すずのこ平」のように日本海は望めません。
a0045932_10344630.jpg

[PR]
by cyaa8989 | 2013-04-30 10:42 | トレッキング&登山
a0045932_10561143.jpg

今、山は新緑に包まれ、ツツジも咲き美しい頃
こんな時は山に入りたくなります。
a0045932_16302461.jpg

総社市に位置する福山は標高300m
登山道は総社側からと倉敷側からのルートが何か所かあります。
私達は倉敷に近い総社側
和霊神社からスタートします。
a0045932_16321392.jpg

山上には福山合戦の舞台となった山城
福山城跡があります。
a0045932_1630183.jpg

福山に多く咲く椿とツツジの中
ウグイスの鳴き声が頭上で聞こえてきました。
夫の指さす方を見ても探し出せません。
飛び立ってから分かりました。
a0045932_16305684.jpg

急斜面を見上げると青い空が広がります。
a0045932_16324321.jpg

a0045932_18374143.jpg

一歩ずつ進むごとに違う椿の姿
椿の多い山です。
a0045932_1633431.jpg

見たことが無いような、大きなタンポポが咲いています。
a0045932_20284788.jpg

蝶を追い
a0045932_16542657.jpg

岡山方面、倉敷、水島方面が見渡せる山上に到達しました。
a0045932_16582175.jpg

正面奥には倉敷中央病院
a0045932_16333430.jpg

真下には倉敷マスカット球場
a0045932_1634491.jpg

a0045932_16232168.jpg

a0045932_11252574.jpg

モミジの若葉はこんなにも開いています。
a0045932_16343717.jpg
a0045932_16345097.jpg

総社側からの登山道が真っ直ぐ下へ延びています。
a0045932_11114710.jpg

下椿の中、山上の平坦地を1周します。
a0045932_1635389.jpg

南側には倉敷安養寺に続く登山道が続いているのを
確認するように目で追い
a0045932_16412914.jpg

上って来た道を引き返すことにします。
a0045932_16444779.jpg

花に誘われるよう
a0045932_16413982.jpg

a0045932_16373425.jpg

上るときは素通りした「妙見展望台」へ向かいます。
a0045932_16373685.jpg

シニアらしい男性2名先客あり
a0045932_16394651.jpg

北に位置する展望台からは
a0045932_16401293.jpg

福山の中腹、標高150mの幸山城跡が見えます。
a0045932_170774.jpg

右に目を移すと備中国分寺の五重塔
そのずーと先には最上稲荷の大鳥居が見えます。
a0045932_1640872.jpg

箱庭のような風景を楽しみ
帰りは急な坂道を上りますが、帰りも怖くない。
a0045932_16405994.jpg

狭い上り坂の両端には満開のツツジ
a0045932_1731949.jpg

a0045932_16184997.jpg

何所までも同じような風景が後押ししてくれます。
a0045932_16431497.jpg
a0045932_16434948.jpg

[PR]
by cyaa8989 | 2013-04-24 13:43 | トレッキング&登山

5月14日 森林浴

目に青葉
ただ黙って歩いているだけで満たされてきます。
a0045932_23213637.jpg
a0045932_2322777.jpg
a0045932_23222852.jpg
a0045932_23225372.jpg

a0045932_23441489.jpg

a0045932_23232475.jpg
a0045932_2323438.jpg
a0045932_23242561.jpg
a0045932_2325446.jpg
a0045932_2325242.jpg
a0045932_23254982.jpg
a0045932_2326611.jpg
a0045932_23265976.jpg
a0045932_23285555.jpg
a0045932_23364327.jpg
a0045932_23371219.jpg

[PR]
by cyaa8989 | 2011-05-17 23:41 | トレッキング&登山

4月21日 幸山城跡

こごみ?でしょうか
a0045932_928593.jpg

4月14日標高302m待望の福山トレッキング中
丁度中腹あたりに幸山城跡の道しるべに目が留まりましたが
a0045932_940680.jpg

福山頂上征服の大きな目的と期待が強く
さほど気にも留めませんでした。
a0045932_951462.jpg

あれから1週間、知りたさは日々募るばかり
a0045932_9373761.jpg

21日造山古墳→国分寺の後
昼食のため一旦帰宅して出直す場所は幸山城跡です。
a0045932_938986.jpg

ツツジ咲く中、右→方向へ逸れて行きます。
a0045932_9385274.jpg

中腹からと軽く見下していたのが悪かったようです。
a0045932_9411050.jpg

しっぺ返しは思いも早く現れてきます。
下から登ってくる男性はひたすら下を向き息切れしながら体力と戦い歩いてきます。
八畳岩の磨崖仏
a0045932_9461597.jpg

すれ違う時、挨拶をするとびっくりしたように初めて私達に気付きます。
このくだり坂を下りるとすれ違った男性のように登らなくては帰れません。
a0045932_9463836.jpg

長い山道を下りると標識ではもう一息のようです。
a0045932_9485465.jpg

次は登りがやってきました。
a0045932_9493210.jpg

この階段を上り詰めた所、総社が見渡せる広場に出ました。
a0045932_950074.jpg

やっと征服しました。
a0045932_9504432.jpg

[PR]
by cyaa8989 | 2011-04-27 09:55 | トレッキング&登山

兎を通して心の癒しになれば


by cyaa8989