ひまわりとうさぎ大好き

cyaa8989.exblog.jp

兎を通して心の癒しになれば

カテゴリ:四国遍路( 49 )

a0045932_1119710.jpg

1人で先へ先へ行ったからと言って、気分を害していても残りの札所を楽しく巡れません。
a0045932_2242374.jpg

63番札所 吉祥寺へ戻す前に気分を落ち着けます。
a0045932_13272124.jpg

吉祥寺の山門をくぐると
私の気持ちをほぐす様に赤いチューリップが迎えてくれます。
a0045932_2243036.jpg

予讃線が近くを通っています。
時刻表を確認するとそろそろ駅に入るころ
a0045932_2245278.jpg

遮断機が下り、信号機が赤になりました。
a0045932_2252217.jpg

桜満開の駅に伊予西条行きが停まりました。
a0045932_2253249.jpg

見送った後で
a0045932_2254043.jpg

駅周辺の桜を楽しみ
a0045932_2255217.jpg

62番札所・宝寿寺
61番札所・香園寺
a0045932_226165.jpg

前の方が済ませるのを待って
ローソクに火を点けます。
a0045932_2261314.jpg

切株は朽ち苔むしています。
枝垂桜が侘び寂びを創り上げています。
a0045932_2262248.jpg

こちらは一花のソメイヨシノ
a0045932_2263499.jpg

桜の幹もひとつの美
a0045932_2264486.jpg

その前に広がる麦畑にひとひらの桜
a0045932_2265432.jpg

駐車場の観光バスのボディーの色(黄色)を背景に
a0045932_227644.jpg

帰路に向かう風景を楽しんで、いつの間にやら心地よい眠りの中へ
a0045932_2271842.jpg

[PR]
by cyaa8989 | 2014-04-28 14:07 | 四国遍路
a0045932_19471040.jpg

昨年6月順打ちの時に食べた「ふわとろオムライス」がまたまた食べられるとは
嬉しい限りです。
a0045932_19473726.jpg

前方を塞ぐような高い山は石鎚山でしょうか。
60番札所 横峰寺は石鎚山の中腹にあります。
a0045932_19475438.jpg

黒瀬湖に出ました。
大型バスは細い林道なのでマイクロバスに乗り換えます。
a0045932_19483876.jpg

平野施設利用料 普通車1,800円を支払って
片道6kmの山道を上って行きます。
a0045932_19493118.jpg

管理人さん「今朝雪が降ったので気を付けて走ってください」
a0045932_19494147.jpg

崩れ止めの竹囲いも降ったばかりの雪
a0045932_1949481.jpg

駐車場に着きました。
眼下には西条の街や瀬戸内海が見渡せます。
a0045932_19503026.jpg

下車すると気温は一気に体を冷やします。
横峰寺までは坂道を10分ほど歩くのを思い出すと
トイレを済ませておきたい
それに加え車からストックの持ち出しを思いついたのです。
a0045932_1954815.jpg

横峰寺に向かって1人前を歩き始めた夫に
絶景スポットからの撮影もそこそこに済ませ
後を追い
a0045932_1691739.jpg

引き返すのを告げても立ち止まりもせず、振り向きもせず、車のキーさえ手渡してくれません。
a0045932_19541685.jpg

以前から不愉快に感じていた歩調の乱れ
私の堪忍袋はここで切れてしまいました。
a0045932_16274265.jpg

夫からキーを引きちぎるようにして引き返すと
分かれた場所に戻ってみても夫の姿はなく
ず~と先に目をやっても
一団体が歩調を合わせながら歩いて行くのが見えるだけです。
a0045932_1955551.jpg

車での参拝jは高い位置から、横峰寺を眺められるこの位置に出ます。
a0045932_1957739.jpg

星供大師様の後ろはシャクナゲの緑がこんもりと広がっています。
残念ながら開花は5月初旬
a0045932_19573166.jpg

歩き遍路はこの山門をくぐることになります。
この先遍路ころがしの道は困難を極めるようです。
a0045932_19574194.jpg

64番札所・前神寺から合理的な道順で60番札所・横峰寺を参拝
a0045932_19581451.jpg

次は元に戻り63番札所・吉祥寺へ向かいます。
a0045932_19582820.jpg

あっ、そうそう一言告げました。
「歩調を乱すとスムーズに進まなくなり反って遅くなるんだから」
「当分は遍路には付き合わないから」と・・・・ブツブツ
a0045932_2022054.jpg

[PR]
by cyaa8989 | 2014-04-26 16:40 | 四国遍路
a0045932_229935.jpg

家族で行った京都の旅、気持ち許せるお付き合いの食事会
を先に載せてしまったので、すっかり忘れてしまったお遍路の旅。
a0045932_1662176.jpg

無理もありません。
それはもう2週間以上前の事ですから…・・
a0045932_155819.jpg

4月1日高速料金改定後初
4月6日(日曜日)逆打ちお遍路は65番札所 三角寺から
a0045932_1554576.jpg

急に決まった話は
「四国の桜を楽しもう」との一言から始まりました。
a0045932_15541926.jpg

皮肉にも季節外れの寒波到来の日
a0045932_15542695.jpg

上空は不安定で
雨、雪雲、雷、雪と目まぐるしい変化の1日となりました。
a0045932_1641091.jpg

a0045932_15545242.jpg

咲き誇る桜に雨雫
a0045932_22291287.jpg

標高430mの平石山の山桜
a0045932_15551610.jpg

遠く霞む連山と山桜
a0045932_9405015.jpg

「これでこそ 登りかひあり 山桜」と小林一茶は詠んでいます
a0045932_15552348.jpg

64番札所 前神寺へ向かっています。 
a0045932_15554793.jpg

春、日本の道路は何処を走っても桜また桜
a0045932_23224453.jpg

西日本最高峰、石鎚山に近づくにつれ山の表情は変わってきました。
a0045932_15562614.jpg

順打ちの時に偶然見つけた義兄の奉納碑を
目指して前神寺お賽銭も少々大目に
その甲斐あってか?お接待の桜餅と甘酒
a0045932_15563520.jpg

a0045932_15564493.jpg

長く並んだ奉納碑が日陰をつくり
彩りの椿に目を落とします。
a0045932_15565770.jpg

微笑みかける何故か可愛い地蔵さま
a0045932_15584085.jpg

山岳信仰霊地 石鎚山
見事なまでの本堂
a0045932_105419100.jpg

遠く桜色の中に高い鳥居が見えます。
前神寺お参りの後で行くことになった石鎚神社を知るきっかけになった風景です。
a0045932_16048.jpg

お接待を受けた場所に戻ってきました。
坂から菅笠を被った何やら黒い頭が現れると
見る間にそれはバイキンマン
全身は余りにもデカ過ぎ
巻き戻せるものなら、顔が現れた所を写したかったのですが・・・・
a0045932_1601439.jpg

a0045932_1602673.jpg

桜に備前焼の土色が映えて
a0045932_162737.jpg

逆打ちコースで巡っていると知らない場所、違った風景に出合います。
石鎚神社の桜まつりへ
a0045932_1622029.jpg

参道を振り向くと、空を覆う雪雲か雨雲なのか
a0045932_161887.jpg

早足で楼門をくぐったものの
ポツポツ雨があたり出したかと思うと
風が湧き雷が轟きます。
本殿まで行くつもりが引き返し、濡れながら駐車場へとひた走ります。
a0045932_1612052.jpg

びしょ濡れはまぬがれギリギリセーフ
a0045932_9391018.jpg

[PR]
by cyaa8989 | 2014-04-23 10:42 | 四国遍路
a0045932_17435082.jpg
アパホテル9階展望風呂には大浴場があります。

朝食はバイキング
種類も多くてサービスも少人数ながらも行き届いています。
a0045932_18504169.jpg
2日は74番札・甲山寺から66番札所・雲辺寺まで
a0045932_18531247.jpg
紅白の梅があちことで咲き、冬景色も少しずつ色を足してきました。
a0045932_18525991.jpg
                         雨に煙る讃岐平野
                       73番札所・出釈迦寺より望む   
a0045932_11553580.jpg
                            
昨年巡った73番札所・出釈迦寺より
讃岐平野と瀬戸大橋までも望む
晴れ日と小雨ではこんなにも見晴らしが違います。
 
a0045932_18530573.jpg
a0045932_18532082.jpg
a0045932_18535968.jpg
木蓮の蕾も膨らみかけて
a0045932_18533127.jpg
a0045932_18514593.jpg
a0045932_18533773.jpg
a0045932_18511733.jpg
 
a0045932_18513489.jpg

雨に煙る讃岐平野
  71番札所・弥谷寺より
a0045932_20493313.jpg
昨年巡った71番札所・弥谷寺より
讃岐平野を望む
晴れ日と小雨ではこんなにも見晴らしが違います。

a0045932_18535086.jpg
a0045932_18540686.jpg
楠の巨木にコゲラを見つけました。
a0045932_18541327.jpg
a0045932_18515729.jpg
a0045932_18542092.jpg
a0045932_18543085.jpg
標高916mの雲辺寺に向かう車中より
a0045932_18550617.jpg
冬はスノーパーク雲辺寺に向かう若者で
ロープウエイは満員
a0045932_18544055.jpg
全長は約2,600m、高低差657mを秒速10mで運行
a0045932_21285091.jpg
すれ違う時にその速さに気付きます。
a0045932_18545746.jpg
a0045932_18523349.jpg
雲の中に突き進むような錯覚にさえ
a0045932_18544834.jpg
右に向かうとスノーパークへ
左に向かうと66番札所・雲辺寺へ
a0045932_18521853.jpg
徳島県と香川県の県境を一跨ぎ
a0045932_18522550.jpg
雪の残る66番札所・雲辺寺
                 瀬戸大橋を渡りニャニャ子待つ我が家へ
a0045932_18551526.jpg


[PR]
by cyaa8989 | 2014-03-11 21:13 | 四国遍路
a0045932_18295384.jpg

丸亀市中心街、丸亀城も雨で煙り観光を諦めることにしました。
a0045932_1830040.jpg

今日のお宿は御帽子の女社長で有名な
あのアパホテルも通り過ぎ、次の79番札所へ天皇寺へ向います。
a0045932_1830756.jpg

お宿予約は毎回娘に頼み、ネット予約でポイント加算されるじゃらんより
a0045932_18301945.jpg

娘はお父さんの意図が分からないと・・・・
a0045932_1830262.jpg

娘「観光ホテルかと思えば
今回のような激安なビジネスホテル」
(朝食付き 1泊2人部屋、駐車料金¥500込み¥8000)と言ってきます。
a0045932_18303543.jpg

その様に言われてみれば
私だってその意図なんて分かるはず等ありません。
a0045932_18304815.jpg

私専属の優秀な添乗員さん
そこには何かそれなりの理由があるのではと
尋ねてみました。
a0045932_18305663.jpg

夫曰く「土曜日観光ホテルの宿泊料金は通常料金の2割増し
サービス、食事の良しを知っているホテル泊ならまだしも
知らないホテルで値段と釣り合わないほど残念なことは無い
寝るだけだと割り切って外食を張り込もう」と
a0045932_18312431.jpg

午後からは79番札所・天皇寺から75番札所善通寺まで巡礼
a0045932_18313277.jpg

善通寺門前にある老舗・熊岡菓子店「カタパン」を購入
a0045932_18315992.jpg小雨の中傘を差し薄暗い中
飲食店の灯りを頼りに歩きます。
a0045932_1832639.jpg

ホテルの込々の料金ならいざ知らず

いざメニュー表で値段を見てしまうと
主婦は財布の紐を締めにかかります。
a0045932_18321357.jpg夫が促してくる「奮発しよう」と言う声は遠くに聞こえてきます。
a0045932_1832197.jpg

a0045932_18322672.jpga0045932_18323258.jpga0045932_18324091.jpg
[PR]
by cyaa8989 | 2014-03-10 14:02 | 四国遍路

3月1日 お遍路旅

a0045932_2210413.jpg

今日も瀬戸大橋を渡ります。
a0045932_22104986.jpg

正面の山は讃岐富士
a0045932_22105776.jpg

2月15日順調なお遍路旅の続き
3月1日は82番札所・根香寺から始まります。
a0045932_22112355.jpg

標高365mに位置する根香寺までの山道から望む
遠くの山々は霞の中
a0045932_22114097.jpg

昨年訪れた根香寺は太陽が西に傾く日没時刻
伝説の怪獣「牛鬼」を撮るには丁度逆光になりました。
今回は早朝「牛鬼」を写す楽しみを抱えてここまでやってきました。
a0045932_221691.jpg

山門には大きなわらじ
a0045932_22121446.jpg

わらじの中は奉納された小さなわらじの数々
a0045932_22165536.jpg

前を行く夫の後ろにはご夫婦が前後に石段を上っています。
a0045932_22172027.jpg

私の前をゆく夫
a0045932_2217298.jpg

私の心はこの石像のよう。
a0045932_22173663.jpg

線香、ロウソク、お札は私が持っています。
線香立てで歩調は揃います。
a0045932_2217445.jpg

一緒にお参りして、夫が御朱印を頂くまで
私はカメラをお供に待っています。
a0045932_2218698.jpg

足並みはそろったように見えますが・・・・
a0045932_22181824.jpg

何方が詠んだ句なのでしょうか?
口ずさんで、ふっと我に返ると
a0045932_22191670.jpg

夫は既に山門を出る所まで石段を上っています。
a0045932_22183744.jpg

前後に石段を上っていたご夫婦は
立ち止まり地図を見ながら何やら指差しています。
足並みそろえて歩き遍路の様です。
a0045932_22302054.jpg

今年買った同行二人のステッカー
夫は車に乗り待っています。
a0045932_22193382.jpg

次の札所に向かっています。
a0045932_22194243.jpg

カーブが続く山道を車は
順調すぎるぐらい順調に走ります。
a0045932_22195645.jpg

お遍路始まったばかり(^_^;)
a0045932_22202249.jpg

昼食は宇夫階神社敷地内にある讃岐うどん『うぶしな』
a0045932_2234673.jpg四国は味噌をつけて食べるでんがくa0045932_22341828.jpg
a0045932_22203329.jpg

門前町では町家おひな様で賑わっていました。

78番札所・郷照寺は『うたづ』の小高い場所にあります
a0045932_1642570.jpg


[PR]
by cyaa8989 | 2014-03-08 16:49 | 四国遍路

2月15日 八栗寺


「2013年11月16日85番札所・八栗寺」 

a0045932_18453646.jpg

八栗寺へはケーブルカーで4分ほど
往復¥900
待合所で回る風車
a0045932_18454646.jpg

ケーブルカーでお参りもいいけれど
今回は遍路道をゆっくり歩いてみたかったのです。
時間ばかり気にする方が前を行きます。
a0045932_18455746.jpg

「そんなに急いで何処へ行くのでしょうか?」
逆打ち始まったばかりだと言うのに、どうも歩調が合いません。
a0045932_18385327.jpg

歩調が合わないと、気持ちも乱れてきます。
a0045932_18495082.jpg

ほら、見てごらん。
お地蔵さんは静かに只々無心
a0045932_18495938.jpg

汗流し上り切るころ仰ぎ見ると『お迎え大師』が迎えてくれるのですが
ケーブルカーに乗ると下って行く楽ちん遍路になるのです。
a0045932_18461336.jpg

眼下には讃岐平野の大パノラマ
a0045932_18462225.jpg
a0045932_18462971.jpg
a0045932_18463771.jpg

屋島も目の前
a0045932_18464444.jpg

五剣山の上には祠が祀ってあるのが見えます。
a0045932_18465389.jpg
目を足元に向けると穏やかな表情の石仏
a0045932_1847220.jpg
[PR]
by cyaa8989 | 2014-02-28 21:47 | 四国遍路
 「2013年11月16日志度寺・長尾寺」  
a0045932_1947042.jpg

87番札所 長尾寺
a0045932_19474114.jpg

記憶に新しい
3か月後に立つ長尾寺
a0045932_19475576.jpg

首にカメラをぶら下げていると
カップルから「シャッターを押してくれませんか」と頼まれるまま幾度となく
睦まじい姿をファインダー越しに見てきました。
a0045932_1948343.jpg

かと言って
夫婦旅も互いの記念写真は撮ったことはありません。
ご厚意で「ご一緒の所を撮りましょうか」と声を掛けてくれるのですが
お断りをしてきました。
a0045932_2012550.jpg

87番札所 志度寺
a0045932_20125860.jpg

逆打ちからは其々の山門前で互いの記念写真を撮る事にしました。
中途半端な画像から始まりますが
リンクと合わせて見て下されば嬉しいです。
a0045932_20133970.jpg

a0045932_20534545.jpg

a0045932_20144649.jpg

a0045932_2015316.jpg

志度寺の側は潮の香りが届く志度湾
これから向かう屋島(左)と五剣山(右)の姿を望めます。
a0045932_13315593.jpg

[PR]
by cyaa8989 | 2014-02-27 16:30 | 四国遍路
a0045932_17313067.jpg

瀬戸中央自動車道の本州側最後の鷲羽山トンネル
a0045932_17314977.jpg

めがねトンネルから見えてくるもの
そこは瀬戸大橋、
a0045932_17315794.jpg

14日は大雪警報の中、四国の高速道は全て通行止め
15日全線開通
a0045932_1732321.jpg

2011年から
暑い夏、寒い冬を避けて
桜咲く4月、紫陽花濡れる6月、紅葉の秋
季節を選びながら結願した順打ちでした。
2013年11月・結願所・大窪寺で見た写真『雪の大窪寺』に憧れ
a0045932_17321057.jpg

2014年2月15日
寒い冬のお遍路の始まりは逆打ちで、日程を組んでいました。
a0045932_17321697.jpg

年に数えるほどしか降らない雪ですが
15日偶然の巡りは、『雪の大窪寺』は願ったり叶ったり。
a0045932_17292538.jpg

2014年は霊場開創 1200年
吉祥の年を迎えています。
青い空と海をイメージした御朱印帳を新たに購入します。
a0045932_17331787.jpg

仁王門
a0045932_17332433.jpg

二天門
a0045932_17333189.jpg

早朝の山門を仰ぎ見ると
本殿に続く白い石段に足跡を残すのは勿体ない気持ちに駆られます。
a0045932_1733373.jpg

a0045932_17342135.jpg

雪を被った石仏を見ていると
昔話『傘地蔵』を思い出してきます。
a0045932_17345732.jpg
a0045932_1735552.jpg
a0045932_17352214.jpg

忿怒の相の不動明王像は、やせ我慢のように思えてきます。
a0045932_17362279.jpg
a0045932_17363235.jpg
a0045932_17364330.jpg

 「紅葉の大窪寺」 
a0045932_2025217.jpg

秋、竹垣の辺りは赤く色付いたモミジで燃えるようでした。
雪の上に1枚の葉、何処から来たのでしょうか。
a0045932_17365291.jpg

冬は南天の赤と椿の赤
a0045932_19542740.jpg

a0045932_1862156.jpg
a0045932_184471.jpg

色豊かな新しい旗が綺麗でした。
a0045932_1841866.jpg

[PR]
by cyaa8989 | 2014-02-25 19:02 | 四国遍路
a0045932_22152995.jpg

結願所 大窪寺
a0045932_22153522.jpg

徳島県 1番札所 霊山寺から始まった巡礼の旅路が結ばれます。
その一方で逆打ちのお遍路さんにとっては旅立の札所となります。
a0045932_22154398.jpg

「同行二人」金剛杖は弘法大師の化身とされ
弘法大師とともにお遍路旅をしてきました。
多くの金剛杖はこちらに返納されます。
a0045932_22171376.jpg

樹木のの向こう緑の屋根二天門が望め
a0045932_13134936.jpg

a0045932_22201228.jpg

a0045932_10412668.jpg

a0045932_13144817.jpg

モミジが燃えているように紅く照らしだされています。
a0045932_22201896.jpg

標高782mの矢筈山 を背に本堂
a0045932_13391784.jpg

85番札所 八栗寺の大イチョウは色付きもしていなかったのに
88番札所 大窪寺の大イチョウは既に落葉していました。
a0045932_2222517.jpg

香川県に入って
ここ大窪寺で紅葉らしい美しさに出合うことが出来ました。
a0045932_22225857.jpg

気持ちは高ぶり、写欲はピークに達します。
a0045932_2223496.jpg
a0045932_22231379.jpg

足元に目を移すと、ほととぎす
a0045932_22233366.jpg

ピンク色の椿でしょうか。
a0045932_1353192.jpga0045932_13531669.jpg
a0045932_22234313.jpg

木立ちの森に太陽光が差し込んできます。
a0045932_13353534.jpg

階段を下りて門前通りにでます。
a0045932_13314256.jpg

母へのお土産は「はったい粉」と「柿羊羹」を選びます。
a0045932_13235329.jpg

a0045932_1412015.jpg

コミュニティバス停留所 大窪寺前
a0045932_105424.jpg

高松自動車道 府中湖パーキングエリア
工夫いっぱいのトイレ

瀬戸大橋を渡っています。
前方に鷲羽山ハイランドが見えてきました。
a0045932_22205677.jpg

[PR]
by cyaa8989 | 2013-11-21 14:15 | 四国遍路

兎を通して心の癒しになれば


by cyaa8989