ひまわりとうさぎ大好き

cyaa8989.exblog.jp

兎を通して心の癒しになれば

カテゴリ:ドライブ( 139 )

3月23日 尾道

a0045932_21423890.jpg

昼食時間はとっくに過ぎたと言うのに
適当なお店は見つからないまま国道沿いに出ると
ファミリーレストランあの【ジョイフル】が目に入ってきました。
a0045932_2142469.jpg

「福山まで来ていながら、倉敷にもあるジョイフルで」と気乗りしないまま
駐車場に入りました。
すると雰囲気のある店構え
紺色の暖簾が誘っているかのようです(#^.^#)
a0045932_21432136.jpg

【香の月】 
ジョイフルのつもりが余分の出費になってしまいました。
a0045932_21452843.jpg

尾道に着きました。
a0045932_1115742.jpg

今回はロープウェイに乗らず、細い坂道と石段を歩きます。
a0045932_21483045.jpg

家々が上へと重なるように建っています。
a0045932_22141317.jpg

脇道に逸れながら足の向くまま石段を下りて行くと
岩盤にタイルを埋め込みちょっとしたアート作品です。
a0045932_21473748.jpg

a0045932_10561052.jpg

壁にも、軒先にも
a0045932_22155473.jpg

陽だまりには冬知らずの明るい色が照らし出されています。
a0045932_21551463.jpg

おや、桜が満開
a0045932_21552664.jpg

何と言う名の桜なのでしょうか
a0045932_2223257.jpg

a0045932_21594597.jpg

ここは猫の天国
a0045932_21555123.jpg

石を巧みに彩って、これも(=^・・^=)
a0045932_2156739.jpg

何やら狙っている悪戯猫
a0045932_21562964.jpg

風雨にさらされ色あせた様々な格好の猫たち
a0045932_17504158.jpg

見上げながら仲良く寄り添う(=^・・^=)
a0045932_2235339.jpg

猫好きな女の子とすれ違います。
a0045932_22101951.jpg

一息つくと、眼下に尾道水道
a0045932_2273671.jpg

三重塔・天寧寺を入れて尾道水道
a0045932_228291.jpg

黒い瓦が続く屋根と黄色いサンシュユが見事にマッチしています。
a0045932_2281943.jpg

三重塔の間をロープウェイ
a0045932_22175430.jpg

尾道は八朔の名産地
a0045932_22185318.jpg

門の閉まった庭に見つけたすみれ
a0045932_22191551.jpg
クリスマスローズにミモザ
a0045932_22195563.jpg
a0045932_22201827.jpg

海に関係したどこかの寮の入口にサーフィン板
a0045932_22202932.jpg

細い坂道からやっと広い平地に下りてきました。
a0045932_22203922.jpg

見下ろした尾道水道は直ぐそこに
            高速道をニャニャ子待つ我が家へ、後1歩の所で前方で事故のようです。
a0045932_22204959.jpg

[PR]
by cyaa8989 | 2014-03-30 20:41 | ドライブ
a0045932_15333159.jpg

3月23日 京都行きの娘を最寄りのJR駅まで送り
私達は1足も2足も遅れて坂と石段で有名な
あの尾道へ向っている途中、福山西サービスエリアです。
福山と言えば鞆の浦の桜鯛が有名です。
a0045932_1533396.jpg

私達の前を走るこんな車の後を走っていると
a0045932_15334647.jpg

あちことに尾道ラーメンのお店が目に入ってきます。
a0045932_15343361.jpg

その前にちょと寄り道
大きく曲がった内海架橋の下まで散策道を歩いて下りていきます。
a0045932_13291130.jpg

国内トップクラスの常石造船所
遠く離れた対岸でも大型船だけに間近に感じ迫力があります。
a0045932_16295753.jpg

内海大橋を渡って田島に向かいます。
a0045932_15345193.jpg

赤い三角錐の上に髪をカールにした頬をづえをする少女のモニュメント
題【海に向かう矢】
「天使が運んだ宇宙のエネルギーが きらめく海の町に甦らせる」と書いてあります。
a0045932_16325612.jpg

a0045932_1555314.jpg

a0045932_15345914.jpg

田島より横島に架かる睦橋を渡り
軽くドライブです。
a0045932_16483723.jpg
来た道を戻り
本土(沼隈町)へ
a0045932_1648483.jpg
a0045932_15353591.jpg

ここは国の重要文化財指定
航海の安全
子授け・安産の祈願所としても有名な【阿伏兎観音】です。
a0045932_15354167.jpg

a0045932_15511830.jpg

穏やかな瀬戸内海に相反して
長年の間、少しずつ波に浸食された
荒々しい岩肌の上に建っています。
a0045932_15354811.jpg

a0045932_15461016.jpg

a0045932_15293380.jpg

朱塗りの鐘突き堂から長く階段が続き
光りが差し込みます。
a0045932_15528100.jpg

本殿からの眺めは美しい瀬戸内海
a0045932_15352946.jpg

a0045932_15362748.jpg

直ぐ下に目をやれば波間に輝く☆
こんなにも美しい景勝地なのに・・・・
a0045932_15521957.jpg

何故か
a0045932_15523294.jpg

へっぴり腰で落ち着かない私(^_^;)
この場を早く離れたいと思う高所恐怖症の私(>_<)
a0045932_16494859.jpg

やっぱり、平地がいいわ~~(-。-)y-゜゜゜
a0045932_15524555.jpg

[PR]
by cyaa8989 | 2014-03-29 15:55 | ドライブ
a0045932_2013522.jpg

天気予報では14日蒜山では雪情報
a0045932_2014839.jpg

スノータイヤからノーマルタイヤに交換する前に
16日今年最後の雪景色の中へ出かけてきました。
a0045932_202946.jpg

3月中旬ともなれば雪に埋もれていた畦道も見え始めていました。
a0045932_2021784.jpg

下蒜山を見ながら
a0045932_2022554.jpg

今日はグリーンゲイブルスへ
a0045932_2023257.jpg

a0045932_202395.jpg
a0045932_2031224.jpg

a0045932_20375131.jpg

a0045932_2033682.jpg

窓の外は白い雪、所が違うだけで
ほんの少々リッチな気分を味わいながらのフレンチ
a0045932_204291.jpg

蒜山ワイナリーでは簡単雪だるま作りを体験できますが
若さの足りない私は冷たい事はしたくありません。
a0045932_2042792.jpg

白樺の丘
a0045932_2044161.jpg
a0045932_2044936.jpg

a0045932_2061054.jpg
a0045932_2062548.jpg

a0045932_21405764.jpg

三木ヶ原

a0045932_2065336.jpg

蒜山休暇村
a0045932_2083750.jpg

ラドン温泉からは蒜山三座を背景に三木ヶ原の風景が広がっています。
         湯上りの待ち合わせ場所はここ
a0045932_211491.jpg

[PR]
by cyaa8989 | 2014-03-18 21:28 | ドライブ
a0045932_10283318.jpg

今シーズン最後のカキオコを食べに日生まで
お好み焼き『きまぐれ』は冷凍の牡蠣は使いません。
旬の期間だけなので3月末でお休みに入ります。
a0045932_10284364.jpg
備前海の駅で牡蠣と白子を購入している時
右目に違和感が走りました。
見ると白目は膨らみ少々の充血ではありません。
行きつけの眼科は木曜休診
初めての眼科受診で小心者の私は緊張と不安でぶっ倒れそうです(>_<)
表情を見抜いたのでしょうか?先生は「これだけの充血を見るとびっくりしますが
心配はいりません。
白目の下で細い血管が切れ、.白目が膨らみ圧を感じますが
普段通りの生活でよろしい
薬も要らないし2週間ぐらいで充血は治ります」

原因として考えられることは
重い荷物を持つとか、急激な運動等で起こるそうです。

思い当たる事
お遍路で長時間首にぶら下げていたカメラとバック
肩はコリコリで夫に肩を強く指圧してもらった事
a0045932_10285292.jpg
診察が終わると18時30分
出来合い物を買って帰り
楽しみにしていた
白子のポン酢漬けと土筆の玉子とじは次の日になりました。a0045932_11063586.jpg
[PR]
by cyaa8989 | 2014-03-13 13:45 | ドライブ

2月22日 雪の大山

a0045932_22154856.jpg

2月9日 
玉造温泉に行って13日が経ちました。
a0045932_2326976.jpg

瀬戸内海側を襲った積雪で高速道のトラブルを予測して
早目に我が家を出たのでした。
a0045932_2216596.jpg

トラブルも無くスムーズに走れたのですが・・・・・
a0045932_23272397.jpg

手打ちそば「叉木」を通り過ぎる頃
残念にも、開店時間にも、昼食時間にも程遠く、食べ損ねていたのです。
a0045932_22161281.jpg

今日はその時のリベンジを兼ねて蒜山ICを下りました。
a0045932_2216218.jpg

草木染の暖簾が出ています。
a0045932_22162974.jpg

11時開店 11時10分に着くと駐車場には数台の車
a0045932_22165589.jpg

小さな店内は既に満席
お腹を満たすと次なる目的を考えます。
a0045932_22172428.jpg

今日はどの位置からでも雲やガスに蔽われることも無く
大山をくっきりと望むことが出来ます。
「そうだ!御机に行こう」
a0045932_2217334.jpg

太陽の日差しは雪の上に影をつくります。
a0045932_2310224.jpg

雪に埋もれた山村を美しいと
ため息混じりに眺めながら
a0045932_10523326.jpg

面白い形の山が見えてきました。
a0045932_2217408.jpg

あの茅葺小屋のある田園風景の『御机』
a0045932_19412572.jpg

a0045932_19364654.jpg

田植え後に見せてくれる緑
黄金の実りの秋
冬の銀世界といろんな表情を見せてくれます。
a0045932_1951197.jpg

後方には荒々しい大山南壁
a0045932_2217477.jpg

a0045932_2218101.jpg

溝口展望台より望む大山
別名 伯耆富士
a0045932_23333443.jpg

桝水高原スキー場
a0045932_23303113.jpg

a0045932_20155774.jpg

a0045932_23184210.jpg

a0045932_22261261.jpg

『大山まきばみるくの里』
a0045932_21333010.jpg

a0045932_22183858.jpg

冬の大山は全景を見られる時間は意外と短いのです。
a0045932_22184676.jpg

その雄姿をどこまで見せてくれるか
急いでスポットめぐりをしました。
a0045932_222707.jpg

『蒜山ワイナリー』
a0045932_22271213.jpg

手形
a0045932_22272363.jpg

蒜山休暇村から雪の蒜山三座を望みながら
浸かる天然ラドン温泉
a0045932_22273216.jpg

[PR]
by cyaa8989 | 2014-03-03 11:04 | ドライブ

2月4日 日生~虫明へ

a0045932_1944413.jpg
牡蠣づくしに拍車をかけて
今日は備前市日生カキオコ(牡蠣のお好み焼き)を求める道すがら
草ケ部と伊部に伊予柑を届けながら2時間のドライブ
a0045932_19444967.jpg
a0045932_19445544.jpg
1年ぶりの『きまぐれ』カキオコは旨かった。この表現がぴったり
a0045932_2047518.jpg

『みなとの見える丘公園』を上りはじめると雪がチラチラ舞い始めました。
a0045932_20522163.jpg

平成6年にスタートした架橋工事
a0045932_19403662.jpg

鹿久居島⇔本土の日生まで後少しになっていました。
仮称「日生大橋」から公募により『備前 日生大橋』に決定しました。
a0045932_2048360.jpg

展望台『幸福の鐘』
瀬戸内海から吹き上げる風で紐が揺れいい線を描いてくれます。
a0045932_2014011.jpg

展望台頂上にはミモザの大木が
黄色い蕾を膨らませていました。
a0045932_2015067.jpg

a0045932_2035837.jpg

すぐ真下は日生漁港から日生町並みが広がります。
a0045932_20493984.jpg

日生諸島沖合小豆島も雪雲で霞んできました。
a0045932_20494742.jpg

牡蠣筏
a0045932_20501768.jpg

牡蠣筏を青竹で組む作業中のようです。
a0045932_20592084.jpg

太陽光で波模様が綺麗です。
a0045932_20593638.jpg

a0045932_20232888.gif

a0045932_216832.jpg

どうせのことながら
虫明牡蠣の産地にも立ち寄りました。
a0045932_2105931.jpg

「牡蠣たね」はホタテ貝殻に定着させます。
a0045932_212464.jpg

a0045932_211183.jpg

[PR]
by cyaa8989 | 2014-02-07 20:44 | ドライブ

1月25日 蒜山休暇村

a0045932_11171653.jpg

雪に閉ざされた中で開いているのは『蒜山ワイナリー』
a0045932_11172433.jpg

客は私達2人のみ
運転する夫を除いてテイスティングは私のみ
a0045932_11173123.jpg

輪をかけてサービスの良い事、今回は出ている全部を試飲させてくれると言います\(-o-)/
買わないわけにはいきません。
a0045932_1671534.jpg

第二の目的は
蒜山休暇村の温泉へ
その前に
a0045932_1118205.jpg

新雪に踏み入れると、スノーブーツはすっぽり埋もれるため
どなたかの足跡を追いながら白樺の丘へ
a0045932_1610530.jpg

広角レンズで真下から仰ぎ撮るには、もう2歩前に踏み入れたいのですが・・・・・
白樺の幹真下まで辿り着けません。
a0045932_11183467.jpg

送迎車だって
a0045932_1118426.jpg

ガードレールだってご覧のとおり
a0045932_11185714.jpg

蒜山休暇村の前は色とりどりのウエアーが白い雪に映えています。
a0045932_11331783.jpg

歓声で賑やかです。
a0045932_11232393.jpg
a0045932_1119490.jpg

3階へ
温泉からは今迄カメラを向けた風景が広がっています。
a0045932_21302611.jpg
←風の家にあるマンホールと
↓塩釜冷泉で見かけたマンホール
a0045932_21353644.jpg
[PR]
by cyaa8989 | 2014-01-30 16:33 | ドライブ

1月25日 塩釜冷泉へ

a0045932_2110144.jpg

美味しい物が食べたいと言う夫の食欲を満たすと
次は何処へ行こうかと?
雪の『御机』へと向かったのですが1㎞も走らないうちに変更してここでUターン
a0045932_2064676.jpg

反対方向の『塩釜冷泉』へ行くことに決まると
a0045932_2173795.jpg

白い中に青い家
a0045932_2074034.jpg

白い中に赤い屋根、絵本の中に紛れこんだような冬景色の中を走り抜けます。
a0045932_21113063.jpg

見覚えのある水車が見えてきました。
a0045932_2175417.jpg

案内図は石彫り
湧き出る冷泉には雪にとざされ入ることが出来ません。
a0045932_2181690.jpg

中蒜山の谷間から湧き出る名水
a0045932_22365946.jpg

空家は雪に埋もれ
a0045932_2114052.jpg

塩釜ロッジは閉ざしています。
a0045932_2182423.jpg

ロッジ駐車場から望む中蒜山
a0045932_21151239.jpg

真っ白い世界の中へカンジキの跡が奥へと続いています。
a0045932_21545860.jpg

お地蔵さんも白い中へ
a0045932_2156552.jpg

雪を割って流れる小川
a0045932_2293151.jpg

枯れ枝が煙立つ暖かい家庭の方向を指しているようです。
a0045932_22123992.jpg

ファインダーを覗くと小人が住む物語の世界のよう
望遠レンズで現実へ引き寄せてみます。
a0045932_21562483.jpg

誰も通らない静かな山間に水を弾くエンジン音
a0045932_21564134.jpg

氷結した実
a0045932_22305597.jpg

楽しみながら歩いて行くと、マンホールにできた水たまりに映す木々
a0045932_21572167.jpg

さて次なる所は・・・・
a0045932_21573536.jpg

[PR]
by cyaa8989 | 2014-01-28 22:41 | ドライブ
a0045932_11421840.jpg

蒜山に向かう高速道は何度となく走ってきました。
a0045932_11561616.jpg

山間の中を中国自動車道と平行に走る姫新線を
追いかけながら走るのは初めてのことでした。
a0045932_11422747.jpg

周りの山から頭ひとつ飛び出した烏が山もあれば
a0045932_11423651.jpg

同じ高さの峰が連なる山々
麓には箱庭のような銀世界が広がっています。
a0045932_13124145.jpg

今日は蒜山サービスエリアから大山が望めます。
a0045932_11404171.jpg

スノーボードを楽しみに行く若者
a0045932_13134344.jpg

こちらは自衛隊のジープでしょうか。
a0045932_13322929.jpg

家族連れいろんな方が束の間の休憩です。
a0045932_1144042.jpg

蒜山ICを出ます。
a0045932_114463.jpg

今日は美味しい物を食べたいと言う夫にお付き合いをしました。
冬のグリーンゲイブルス
a0045932_1282343.jpg

小窓の外は雪景色
a0045932_11581336.jpg

可愛らしいインテリアの数々
a0045932_1159493.jpg

お気に入りの場所でちょっと贅沢なランチ
a0045932_11591453.jpg

寒い所ならでは
熱く頂くものは器までも熱くして注ぐスープ
フーフーと頂くと体の芯まで暖まります。
a0045932_11592479.jpg

あばら肉を盛り付けたお皿も熱々に
「熱いので気をつけてください」と
a0045932_1262030.jpg

[PR]
by cyaa8989 | 2014-01-27 13:46 | ドライブ
a0045932_18343198.jpg

a0045932_16264922.jpg

ん・・・鐘突き堂に真っ赤な風船
a0045932_9322416.jpg

ん…お寺の山門には新しく編み上げたしめ縄
a0045932_9481498.jpg

ん・・・境内は雑草だらけ
a0045932_9553879.jpg

そんな境内に
木の香りが残っていそうな真新しい太鼓橋
a0045932_9482810.jpg

ん・・・この景色の中で水玉の傘がやけに馴染んで見えました。
a0045932_9484546.jpg

ん・・・お堂をアルミ箔で覆い銀色に
a0045932_1627628.jpg

ん…土足OK
729年建立された惣光寺は、近年檀家が島を離れ手が入らなくなりました。
a0045932_9514514.jpg

お寺と何もかもかけ離れたアート
あの巨匠も叫んだ「芸術は爆発だ」「何だ!これは」と
a0045932_16272844.jpg

素朴で慈悲深いお姿
只々、無言でゆるぎなきお姿
a0045932_16273640.jpg

塩飽大工衆 【善根】
善根・・仏教用語で細く小さな善の根っこを束ねることで
太い大木のような善ができると言う教えです。
a0045932_18455763.jpg

一日中傘は手放せない雨

ここまで来て瀬戸内海から吹きつける雨風
傘を前に構えても、レインガードを吹き付けていたシューズの中までビショビショ
泣きっ面に蜂
今日の〆は白十字のケーキ
自分自身のなぐさめです。
a0045932_16463222.jpg

[PR]
by cyaa8989 | 2013-10-30 19:07 | ドライブ

兎を通して心の癒しになれば


by cyaa8989