ひまわりとうさぎ大好き

cyaa8989.exblog.jp

兎を通して心の癒しになれば

カテゴリ:兎の話( 13 )

10月3日の15夜

娘と一緒にみる月は・・・・
娘「あっ!ブルーちゃんが月の中にいる」
母「そんな分けない。子供じゃーあるまいし」と言いつつ・・・・
間を空け・・・・
母「ホント!いるいる」
a0045932_12215247.gif

1994年15年前ブルーちゃんは4匹の子供を産みました。
いえいえ!幸せをもたらした四葉のクローバーです。
誕生
3匹は白、1匹は茶色のニッカボッカを履いたような兎、名は(茶色のちゃ)cyaa
私のブログ名になりました。

白い3匹は我が家から離れ、もらわれて行ったのです。
兎の平均寿命は6~7年、既にみんなお月様に帰りました。

・・・・ところが
もらわれた3匹のしろうさぎは・・・・・?

最近ブログ交信で仲良しになれた
しろうさぎさん
からもらったしろうさぎ3匹です。

         ・・・・・・・      ・・・・・・・       まるで里帰りでもしたかのようです。
a0045932_1271196.jpg

                       おかあさんと一緒
                  エッ!!ややこしいですか・・・?
[PR]
by cyaa8989 | 2009-10-05 11:55 | 兎の話

爆睡

人間は年と共に、睡眠時間が少なくなり、早く目覚めます。
ウサギはどうでしょうか。
死んだかのように、物を置き忘れたかのような
こんな光景に出くわす事が目だって多くなりました。
a0045932_9385344.jpg

大きな話し声であろうが、真っ昼間であろうが
気付くとピーの周りのみ霞がかかっているようです。
子守唄など聴かせる間などありません。
[PR]
by cyaa8989 | 2009-09-27 09:27 | 兎の話

愚痴

プリン未だ回復せず
昨日も夫から病院に連れて行くよう命令されるが答は簡単
言う本人が連れて行けば納得するだろう。連れて行くほどに回復はかんばしくなく足を運ぶだけでも気が重く沈む。
会社より帰宅の第一声「プリンは軽くなった」プリンに対して私の身の置き場が無いほど堪えたよ。どうしてあげればいいのだろう。
全て一生懸命しているのに無神経な言葉。
a0045932_7353451.jpg

                 夏の元気な頃優しい顔

兎は犬等と違いペットとして飼われるようになって歴史が浅い、また必要以上に人間と密な関係をとらない。病院で診察するだけでもストレスは大、
その上小動物は薬の使い方に要注意と感じている。

それを踏まえて細やかな知識を教わりながらの自宅療養中、
プレーンヨーグルト、ヤクルト、クロレラ、ミキサーにかけた野菜、生パイナップル
ビフィズス菌は整腸作用あり、人間と同じ食を考えてやればいいと判断できる。

点滴をした後の最悪な便の状態から硬さ・色・少しずつではあるが改善に向っているのだが、口から吐き出すことのできない兎は長引く分厳しい。急激な変化を見逃さないで観察する事と先生のアドバイスを守りつつも張り裂けんばかりの不安を抱えている。
こんな時でも甘えてくるプリン、もう泣きたいよーー。
[PR]
by cyaa8989 | 2006-10-24 07:17 | 兎の話
a0045932_863876.gifようじへ
母も病院に行くことも多い日々が続き、
後半では泊り込みもあったりで、
家を空けることが度々でした。


2~3日前プリンの様子が普段と違うのに気付き、10月3日
救急が開く21:00を待ち診断。
レントゲン、血液検査、便検査(便は持参していました)点滴をして帰宅
診察代¥21,380

毎日毛玉を溶かす薬、胃の働きをよくする薬を飲ませなくてはなりません。

これが私のストレスとなるでしょう。
もちろんプリンは言うまでもありません。

2~3日おきに点滴のため病院通いがいつまで続くのか分かりません。
点滴で衰弱を防ぎつつ日にちをかけ毛玉を出していくと同時に
観察をしながら腫瘍かどうかも見極めていく。a0045932_754687.jpg

診察結果
大きく長い塊が手にふれ毛玉痕及び腫瘍の疑いもあり
これだけ大きな毛玉痕だとすれば
外科的手術も必要となる可能性も大なのだが
体の衰弱があり、麻酔も危険との見解。
腫瘍の疑いも捨てきれない。
a0045932_9263399.gif


未だ点滴に通うが塊は一向に改善されていない。
それどころか17日から腹はグルグル鳴り水分を多く含む便。
誰かたすけて~~
a0045932_8104348.gif

[PR]
by cyaa8989 | 2006-10-19 07:55 | 兎の話

意地悪その2


チャイムが鳴り訪問客のよう、二階より応対に下りると置き薬のおじさん。
使用した薬の確認に始まり補充と世間話しながらも時間がかかる。
聞き覚えの無い声♂警戒心大
2階のぴーは下りるに下りられない状態が見て取れる。

それが女性の声だと少しばかりの好奇心を覗かせ、
長い井戸端会議にしびれを切らしお茶目な顔をだす。

a0045932_9332938.jpg

仕事中トイレに下り、故意的に長居をしていると頭上で小気味良い音がする。
なかなか戻らない私を気にしてか、
例の如く階段を下りきり廊下を抜け和室へと向う後姿を
トイレのドアを開け確認後  (誰もいない家では行儀悪くてごめん)

「ぴーここよ」と声掛け、立ち止まり振り向く仕草を見たいばかりの
意地悪な時間稼ぎの私である。
[PR]
by cyaa8989 | 2006-10-15 09:35 | 兎の話

意地悪その1

玄関のドアが開き家族の誰か帰宅した。
2階に居る時のピーは耳をそばだて誰なのか伺う。
時間差でドアまで歩み寄り音をアンテナのごとく受信、
多分大丈夫となれば階段をコトコト下りて行くのだが
用心深く中間あたりの踊り場でより詳しく首を傾げ聞き耳をたてる。
さて安心とならば一気に下りて行く。
a0045932_744531.jpg
そんな行動を一部始終知り尽くした私の帰宅の場合は、「ぴーくん帰ったよ」と大きな一声を掛けると同時に小気味よい音と共に可愛く走り寄る。
時には意地悪もしたくなる。
そーと帰宅、抜き足差し足で体を低くして2階へ這うようにして向う。
案の定ぴーもそろり行動に出ている。ぬうーと私の顔!
思いもよらぬ事態でびっくりして跳び逃げる。
その機敏さに次なる行動を予測しておきながらも私までびっくり
度肝を抜かれ、この勝負引き分け!!

「ごめんごめん!お母さんよ」こんな悪戯をして楽しむ私である。
[PR]
by cyaa8989 | 2006-10-13 07:50 | 兎の話

かけひき

一番起きの夫   
  (性分で遅くまで寝ていられないタイプ。休日の日でさえ6:30分頃から
  掃除機の音で起こされ実に迷惑な話。
  嫁、姑の間だとたっぷりの嫌味としか受け取れない行為だろう)

朝の一声が響く「うわ~~。おっつ。ほー。わっりぃーうさぎ」
「  」内を翻訳すれば
単発的悲鳴を発している音、悪い兎となる。
朝いち、ぴーの小さな丸い糞を
  (消しゴムかすを集める小さなほうき・ちりとり用グッズ)
拾い集めるその行為を許さない。人間様であろうが♂はピーにとって
宿敵ライバルなのである。

歯向かって噛み付きに行くこれが実に血が出るほど痛いのだ。
夫も隙を見計らいながら行く振りを見せては引き返すなど、
あの手この手と上手く交わしながらかき集める。
a0045932_734351.jpg


追いかけ勢いついたスピードは滑りやすいフロアーではブレーキが効き難く
  (兎は肉球がなく厚い毛で覆われているため傾斜面等は滑りやすく苦手)
時として夫を通り越して掃きだし用窓に衝突、あわよくばユーターン。
夫の後ろは無防備ゆえ卑怯にバックから攻めればいいのにと
秘かに応援するのだが正々堂々あえて正面に回り込む。

そうかと思えば
昔話に出てくるようなずる賢さも見せる。
牧草用餌箱に顔半分を突っ込み、「もう感心を持っていません」とばかり
食べる振りを装いながら片目だけはしっかりと出し、
夫の行動を観察しながら隙を狙っているのだ。

二人の駆引きは第三者から眺めると実に滑稽なのである。
いつもの悲鳴が発せられると家事の手を止め高みの見物、大笑いするのが私の楽しみ。
何度眺めても飽きることなど全く無い。
a0045932_7343499.jpg

                    こんな可愛い兎なのに
[PR]
by cyaa8989 | 2006-10-12 07:46 | 兎の話

学習(2005年回想)


何故ぴーの場合はと述べたかには
それには大きな成長の意味が込められている。
プリンは長い月日それを眺めどうも学習したようだ。
プリンの場合は撫でて欲しい時その行動に入る。
次に待っている気持ちよさを想像し
喜び跳び跳ねる行動が余分に付け加えられる。
<とんで、とんで、とんでー、まわって、まわって、まわ~るーー>

a0045932_8212625.jpg

待ちきれず、所定の位置に座るや否や私めがけて跳び込んできてくれる。
あごの下に手のひらを添えもう片手で撫でてやる。
気持ちいい場所では奥歯を歯軋りするのが手に伝わる。
眠りに入っていく至福の喜び、撫でる手を止めると私の手を舐め催促をする。
まだ十分満足してないようだ。あ~~手がだるい。「もうーいいか?プリン!」
[PR]
by cyaa8989 | 2006-10-11 08:00 | 兎の話

ご近所のできごと


ご近所の兎愛好家Mさん。

息子さんは親元より離れ、大学生活始めての独り暮らし
寂しいからと兎を購入。
昨年卒業と同時に忙しい会社勤めの為
親元へ兎の面倒をお願いしている。
a0045932_962096.gif

こちらでの飼育2年目のこの4月
a0045932_983610.gifその兎が便を詰まらせ元気がないと相談に訪れる。
生パイナップルの絞り果汁を与えると糞づまりはよくなるとアドバイス。

Mさんいわく
以前ようじ君が  「飼い方が悪い等と攻めないでほしい」と言った
気持ちが今なら痛いほど分かる。

一生懸命世話をしているのに、息子に申し訳ない気持ちと同時に
兎の心配とで、気持ちここにあらず。泣くが如くに訴える。
私はただ聞き役にまわるのみ。Mさんの気持ち十分受け止めてあげられる。
a0045932_930395.gif

翌日、糞は少しだが出たと元気な声で電話があったものの、
後日やはり食欲もなく、元気もない。
とうとう獣医に駆け込み点滴を受けたと聞く。
「息子が帰るゴールデンウイークまで生きていてほしい」切なる望みをかける。

Mさんお大事に!
そして、ようじに向けての優しいフォローを感謝します。

[PR]
by cyaa8989 | 2006-04-29 09:18 | 兎の話

雌二匹

a0045932_1444207.gif
a0045932_14322624.jpg

         お別れの時チャアと共に     幼稚園にいった二匹の白兎


幼稚園にいった兎、二匹とも雌だと聞く。どうりで、みゅう太が仲間はずれになったわけだ。

昼間は多くの可愛い子ども達に囲まれての賑やかすぎる程の暮らし。
お母さん達のお迎えで、園児が帰宅し一変に静かになった園庭で、寒い冬も、暑い夏も、
寂しがりやの兎は早く朝がこないかな~。と園児の登園をまっていたに違いない。

園の前を通る昼間、園児の高い声が響き、硬く閉ざされた門越しにみえる小屋が目に入るだけで、里子にだして以来一度も会うことなく、四匹産まれた子ウサギ中では、
5年の短い命だった。

二匹とも時同じくして癌になり獣医に預けられ、介護を受けながら死んでいった。と聞き
大切にされたのだと有り難く思う。

a0045932_144337100.gif
                             
                    おわり
                 
[PR]
by cyaa8989 | 2006-03-25 14:26 | 兎の話

兎を通して心の癒しになれば


by cyaa8989